コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気仙沼湾 けせんぬまわん

4件 の用語解説(気仙沼湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気仙沼湾
けせんぬまわん

宮城県北東部,唐桑半島と岩井崎に囲まれたリアス海岸の湾。湾の中央にある大島で二分され,その形から鼎ヶ浦(かなえがうら)の名がある。ホヤやホタテガイの養殖が行なわれる。湾奥に気仙沼港があり,周囲は気仙沼県立自然公園に,湾口部および大島は三陸復興国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けせんぬま‐わん【気仙沼湾】

宮城県北東部、三陸海岸にある湾。湾口にある大島が東湾・西湾に二分し、湾奥に気仙沼市がある。湾内ではカキ・ノリなどの養殖が盛ん。三陸復興国立公園の一部。海域公園に指定されている。鼎(かなえ)ヶ浦。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕気仙沼湾(けせんぬまわん)


宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島の御崎(おさき)岬と南西約7kmの岩井(いわい)崎に抱かれた湾。中央に大(おお)島(陸前(りくぜん)大島)が浮かび、東西の両湾に分かれる。気仙沼港は東北地方屈指の漁港で、遠洋漁業の基地として発展。湾内ではカキ・ノリ・ワカメなどの養殖が行われる。大島はツバキの群落で知られ、陸中(りくちゅう)海岸国立公園南部の景勝地。気仙沼港から大島へフェリー便がある。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気仙沼湾
けせんぬまわん

宮城県北東部、太平洋岸の湾入。湾中央部にある大島によって東湾と西湾に分かれる。西湾が主湾で、湾奥に天然の良港気仙沼港がある。リアス式海岸地域特有の眺望のよい高所が多く、日本百景の一つ。付近にはツバキの大島、岩井崎の潮吹岩、巨釜(おおがま)・半造(はんぞう)の奇岩怪石などがあり、三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の一部となっている。安波山(あんばさん)、亀山(かめやま)、早馬山(はやまさん)が鼎立(ていりつ)していることから鼎が浦(かなえがうら)ともよばれる。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気仙沼湾の関連キーワード唐桑半島唐桑〈町〉宮城県気仙沼市唐桑町浦宮城県気仙沼市唐桑町小田宮城県気仙沼市唐桑町境宮城県気仙沼市唐桑町崎浜宮城県気仙沼市唐桑町舘宮城県気仙沼市唐桑町中宮城県気仙沼市唐桑町馬場宮城県気仙沼市唐桑町港

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気仙沼湾の関連情報