コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気仙沼湾 けせんぬまわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気仙沼湾
けせんぬまわん

宮城県北東部,唐桑半島と岩井崎に囲まれたリアス海岸の湾。湾の中央にある大島で二分され,その形から鼎ヶ浦(かなえがうら)の名がある。ホヤやホタテガイの養殖が行なわれる。湾奥に気仙沼港があり,周囲は気仙沼県立自然公園に,湾口部および大島は三陸復興国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けせんぬま‐わん【気仙沼湾】

宮城県北東部、三陸海岸にある湾。湾口にある大島が東湾・西湾に二分し、湾奥に気仙沼市がある。湾内ではカキ・ノリなどの養殖が盛ん。三陸復興国立公園の一部。海域公園に指定されている。鼎(かなえ)ヶ浦。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕気仙沼湾(けせんぬまわん)


宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島の御崎(おさき)岬と南西約7kmの岩井(いわい)崎に抱かれた湾。中央に大(おお)島(陸前(りくぜん)大島)が浮かび、東西の両湾に分かれる。気仙沼港は東北地方屈指の漁港で、遠洋漁業の基地として発展。湾内ではカキ・ノリ・ワカメなどの養殖が行われる。大島はツバキの群落で知られ、陸中(りくちゅう)海岸国立公園南部の景勝地。気仙沼港から大島へフェリー便がある。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気仙沼湾
けせんぬまわん

宮城県北東部、太平洋岸の湾入。湾中央部にある大島によって東湾と西湾に分かれる。西湾が主湾で、湾奥に天然の良港気仙沼港がある。リアス式海岸地域特有の眺望のよい高所が多く、日本百景の一つ。付近にはツバキの大島、岩井崎の潮吹岩、巨釜(おおがま)・半造(はんぞう)の奇岩怪石などがあり、三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の一部となっている。安波山(あんばさん)、亀山(かめやま)、早馬山(はやまさん)が鼎立(ていりつ)していることから鼎が浦(かなえがうら)ともよばれる。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気仙沼湾の関連情報