鼎立(読み)ていりつ

精選版 日本国語大辞典「鼎立」の解説

てい‐りつ【鼎立】

〘名〙 三つのもの、また三つの勢力が、(かなえ)の足のように互いに対立すること。鼎峙。ていりゅう。
※古学先生文集(17C後頃)二・論諸葛孔明非王佐之才「孔明廁乎三国鼎立之間専急漢業」 〔志‐陸凱伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「鼎立」の解説

【鼎立】ていりつ

鼎の三足のように分立する。〔三国志、呉、陸凱伝〕(上(ちかごろ)にして、三家鼎立す。曹(綱紀を失ひ、晉其の(たも)つ。

字通「鼎」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android