唐桑半島(読み)からくわはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐桑半島
からくわはんとう

宮城県の北東端に位置する半島気仙沼市に属する。海岸線は典型的なリアス海岸で,海食崖海岸段丘が発達。カキ,ワカメなどの海産物に恵まれる。全域が三陸復興国立公園に属し,東海岸巨釜・半造の景勝地がある。半島南端の御崎岬(おさきさき)に御崎神社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐桑半島
からくわはんとう

宮城県北東端、太平洋に突き出た半島。気仙沼(けせんぬま)市に属する。北東は広田湾、西は気仙沼湾の支湾の東湾(とうわん)に面し、長さ約20キロメートル。おもに中生代の岩石からなる。三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の南端にあたり、巨釜(おおがま)・半造(はんぞう)などの豪快な海岸美がみられる。三陸沖を流れる黒潮の影響により冬季も比較的温暖で、暖帯性植物が繁茂する。水深のある西海岸には遠洋漁業の母村、小鯖(こさば)、鮪立(しびたち)がある。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐桑半島の関連情報