コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候誌 きこうしclimatography

世界大百科事典 第2版の解説

きこうし【気候誌 climatography】

系統的気候学と共に気候学の一部を形成する。気候誌は,ある場所や地域における気候を忠実・正確に記述するもので,他の地域との比較が主たる目的となる。すなわち,気候誌においては,現象の原因やその機構についての説明よりも,現象自体の記述を主目的とする。この点,気候の普遍性あるいは法則性を究明しようとする系統的気候学とは異なる。気候学の発達史の中では,18世紀に,月平均値や年平均値といった気候観測値が整理され気候誌の芽が現れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気候誌
きこうし

各地の気候の特色を記述した記録。気候誌の目的は、それぞれの地域の気候を明らかにすることであり、いわゆる地理学上の発見の時代(大航海時代)に重要なものであった。その記述の方法は、気候学の発展に伴い、ある地点の単なる月平均値(平年値)などによる表現から、天候や気候を構成する要素値の頻度、またその組合せ頻度、それぞれの季節における代表的な気圧配置と天候の関係、異常天候の出現と気圧配置の関係などまで考慮するようになってきた。気候誌のもつ意義から、多様な目的で利用する利用者の要求に応じられる情報をどのように正確に提供するかが、今後の気候誌の重要な課題となっている。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

気候誌の関連キーワード竜巻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android