コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候誌 きこうし climatography

2件 の用語解説(気候誌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きこうし【気候誌 climatography】

系統的気候学と共に気候学の一部を形成する。気候誌は,ある場所や地域における気候を忠実・正確に記述するもので,他の地域との比較が主たる目的となる。すなわち,気候誌においては,現象の原因やその機構についての説明よりも,現象自体の記述を主目的とする。この点,気候の普遍性あるいは法則性を究明しようとする系統的気候学とは異なる。気候学の発達史の中では,18世紀に,月平均値や年平均値といった気候観測値が整理され気候誌の芽が現れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気候誌
きこうし

各地の気候の特色を記述した記録。気候誌の目的は、それぞれの地域の気候を明らかにすることであり、いわゆる地理学上の発見の時代(大航海時代)に重要なものであった。その記述の方法は、気候学の発展に伴い、ある地点の単なる月平均値(平年値)などによる表現から、天候や気候を構成する要素値の頻度、またその組合せ頻度、それぞれの季節における代表的な気圧配置と天候の関係、異常天候の出現と気圧配置の関係などまで考慮するようになってきた。気候誌のもつ意義から、多様な目的で利用する利用者の要求に応じられる情報をどのように正確に提供するかが、今後の気候誌の重要な課題となっている。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気候誌の関連キーワード気候学自然地理学気候因子大気候気候型気候図大気科学遺跡土ソーンスウェイトの気候区分吉野正敏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone