コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水の江滝子 みずのえたきこ

3件 の用語解説(水の江滝子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水の江滝子
みずのえたきこ

[生]1915.2.20. 北海道,小樽
女優,プロデューサー。本名三浦ウメ。高等小学校在学中,松竹少女歌劇団創設に伴い第1期生となる。 1928年「水の江たき子」として初舞台。 30年滝子と改め,髪をショートカットにした男装の麗人スタイルで登場。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水の江滝子 みずのえ-たきこ

1915-2009 昭和時代の女優,映画プロデューサー。
大正4年2月20日生まれ。昭和3年東京松竹楽劇部(松竹歌劇団の前身)1期生。男装の麗人として人気をあつめ,ターキーの愛称で知られた。14年退団。29年日活プロデューサーとなり,「太陽の季節」「狂った果実」などを手がけ,石原裕次郎らをそだてた。またNHKテレビジェスチャー」などに出演。のちジュエリーアーチストとして活躍。平成21年11月16日死去。94歳。北海道出身。目黒高女卒。本名は三浦ウメ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水の江滝子
みずのえたきこ
(1915―2009)

女優、芸能プロデューサー。本名三浦ウメ。北海道生まれ。1928年(昭和3)東京松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇団、松竹歌劇団)の第1期生として入団。芸名は万葉集のなかから、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の「あしかものさわぐ入江の水の江の 世に住みがたき我が身なりけり」からとって水の江たき子としたが、1930年に滝子と改めた。同年9月、浅草松竹座での『松竹オンパレード』で、司会役の紳士に扮(ふん)した際、他に先駆けて断髪姿で登場、一躍評判となり「男装の麗人」なる流行語も生れた。翌1931年11月、新宿新歌舞伎座(かぶきざ)での『万華鏡』では、カウボーイの役を演じ、拳銃(けんじゅう)を構えて「俺(おれ)はミズノーエ・ターキーだあ」と見得を切ったのが受けて、以後「ターキー」の愛称でよばれるようになり、颯爽(さっそう)とした男役ぶり、ダイナミックな演技で人気を不動のものにした。1933年の6月、浅草松竹座での『真夏の夜の夢』公演中に楽団員の待遇改善要求に端を発した争議が本格化、歌劇部員も合流してのストライキに発展、水の江が闘争委員長となり、ジャーナリズムに「桃色争議」と書き立てられた。同年10月の争議解決後、水の江がパリの伊達男(だておとこ)に扮した『タンゴ・ローザ』は松竹レビュー始まって以来の傑作といわれ、計160回という上演新記録を打ち立てた。1939年5月、芸術親善使節として渡米、各地で歌や踊りを披露した。
 1942年に松竹少女歌劇団を退団して「劇団たんぽぽ」を結成、翌1943年1月に東京丸の内の邦楽座で旗揚げ、数々の優れた音楽喜劇を上演して女優としての新境地を開いた。しかし、途中で有力座員の大部分が抜けたのが致命傷となり、1948年1月に解散した。映画への初出演は1946年1月に封切りの松竹映画『グランド・ショウ一九四六年』だったが、劇団解散後は単独でミュージカル・ショーの舞台や各種映画にも出演するなどして活躍を続けた。1958年6月、浅草国際劇場で『さよならターキー・輝く王座』と題して盛大に引退興行を行った。その後はテレビ出演のかたわら、プロデューサーとして石原裕次郎ら多くのスターを育てたほか、映画やテレビ番組の制作にも従事した。また装飾品のデザイナーとしても知られる。1993年(平成5)2月19日の満78歳の誕生日前日に生前葬を行った。著書に『ターキー放談笑った、泣いた』(1984)などがある。[向井爽也]
『『華麗なる三婆――文句があったら言ってみな』(1982・山手書房) ▽『ターキー放談笑った、泣いた』(1984・文園社) ▽『水の江滝子のジュエリーメーキング』(1988・山海堂) ▽『ひまわり婆っちゃま』(1988・婦人画報社) ▽『みんな裕ちゃんが好きだった――ターキーと裕次郎と監督たち 』(1991・文園社) ▽『ターキーの気まぐれ日記』(1998・文園社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水の江滝子の言及

【少女歌劇】より

…37年に3600人収容の浅草国際劇場が新築開場,ここが本拠地となった。当時は,ショートカットにシルクハット,タキシードのスタイルで〈男装の麗人〉として人気をさらい〈ターキー〉の愛称で親しまれていた水の江滝子(1915‐ )の人気絶頂期であり,またオリエ津阪らも幹部であった。しかし,戦争の激化とともに,やはり苦しい道を歩むこととなり,44年には同歌劇団を解消して松竹芸能本部女子挺身隊を結成した。…

※「水の江滝子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水の江滝子の関連キーワード森赫子石河薫瓜生忠夫川路竜子清川玉枝桑野通子鈴木澄子高尾光子坪内美子三戸部スエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水の江滝子の関連情報