コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上消防 すいじょうしょうぼう

百科事典マイペディアの解説

水上消防【すいじょうしょうぼう】

臨港消防ともいう。水上,船舶,港湾,沿岸地区の火災の予防・警戒・鎮圧・救難などの活動。その他浸水船舶の排水救助,流出物の除去なども行う。→消防艇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水上消防
すいじょうしょうぼう

水上の災害を対象とした消防活動をいう。主要な業務内容は次のとおりである。(1)消防組織法および消防法、船舶安全法または海上保安庁の協定などに定める事務、(2)船舶火災予防査察・指導、(3)船舶および沿岸建物の消火活動、(4)沿岸への延焼防止と陸上消防隊の援助、(5)転落者、溺者(できしゃ)の人命救助、(6)転覆・浸水船舶の救護、排水作業など、(7)液体危険物など流出油の処理・排除、(8)船舶火災などの原因および損害の調査、(9)その他。
 日本で水上での消防業務が開始されたのは1936年(昭和11)2月で、東京港の海上事故に備えるため、東京市連合防護団から消防艇1艇(愛称「みやこどり」)が京橋消防署築地(つきじ)出張所に寄贈されたのが始まりである。その後、水運の繁忙と船舶の増加につれて、新たに消防艇1艇とその要員の増加によって「水上出張所」が設けられ、1942年10月には水上消防署として独立昇格、「東京水上消防署」が設置された。第二次世界大戦後の1948年(昭和23)3月に東京消防庁が発足し、一時期、消防出張所として組織が分散されたが、翌年にはふたたび水上消防署として独立し、1969年に臨港消防署と改称した。東京港の水上消防の任務は東京消防庁の臨港・高輪・日本橋消防署が行っており、2011年(平成23)時点で消防艇9艇が配置されている。他の都市においては、貿易港、漁港などを主に、消防艇が配置され、2011年4月時点では総計55艇となっている。[東京消防庁・窪田和弘]
『消防庁編『消防白書』各年版(ぎょうせい)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水上消防の言及

【消防】より

…また救急業務の主力である救急車は33年に横浜市,翌年に名古屋市が採用したのに続き,東京では横浜・名古屋や欧米各国の救急車等を参考として,アメリカのダッジ・ブラザース社の車体に艤装(ぎそう)したものを34年に採用し,業務を開始している。一方,水上における船舶火災や港湾,河川沿岸の火災を鎮圧するための水上消防は,東京では36年に東京市連合防護団寄贈の1艇の消防艇を運用したことに始まり,現在は火災鎮圧のほか水上の人命救助,浸水船の救護および排水作業などをおもな任務としている。またヘリコプターの採用は,東京が66年にフランスのシュド社からアルウェットIII型を購入したことに始まっている。…

※「水上消防」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水上消防の関連キーワードシーラカンス(建築事務所)航空消防

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水上消防の関連情報