水巻[町](読み)みずまき

百科事典マイペディアの解説

水巻[町]【みずまき】

福岡県北部,遠賀(おんが)郡の町。遠賀川下流右岸を占め,古くからの水田農村が明治中期から炭鉱町として発達,鹿児島本線が通じる。日炭高松鉱は筑豊炭田の有力鉱であったが,1971年閉山。近年は北九州工業地帯への通勤者が多い。11.01km2。3万21人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずまき【水巻[町]】

福岡県北部,遠賀郡の町。人口3万1289(1995)。遠賀川下流東岸に位置し,東は北九州市,南は中間市に接する。南東の丘陵地を除くと大部分沖積低地である。かつては農村であったが,明治中期から炭鉱が開発され,炭鉱町として発展した。日炭高松炭鉱は筑豊炭田では最大級の規模であった。1960年には人口が3万5000人を数えたが,炭鉱が閉山した1971年を境に急減した。その後,鹿児島本線で結ばれる北九州市の拡大とともに住宅団地の開発が進み,かつての炭住跡地には中層ビルが建ち並ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android