コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠賀川式土器 おんががわしきどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠賀川式土器
おんががわしきどき

西日本の前期弥生土器の総称。福岡県遠賀川の河原から発見された立屋敷遺跡より,多くの資料が得られたのにちなんで 1939年,小林行雄によって名づけられた。北部九州から近畿地方に及ぶ地域を中心に分布し,地域間での共通性が非常に強い土器様式である。土器の特徴から北部九州の板付式土器が最も古いと考えられる。従来,伊勢湾岸から伊那谷付近が分布の東限と考えられてきたが,84年に青森県松石橋遺跡より類似土器の出土が報告されて以来,東北各地で遠賀川系土器の存在が指摘され,前期段階で東北地方弥生文化を受容したとする説が有力になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おんががわしきどき【遠賀川式土器】

弥生前期の土器の総称。九州から伊勢湾沿岸・東北日本海岸にかけて分布する。稲作の伝播に伴う弥生前期文化の範囲を示す。遠賀川河床からの出土による名称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠賀川式土器
おんががわしきどき

弥生(やよい)前期の土器の別称。九州地方から、太平洋沿岸では名古屋、日本海沿岸では京都府丹後(たんご)半島に及ぶ範囲に分布し、運ばれた土器としては以東の地域にも及び、青森県下にまでも達していたことが最近判明している。弥生土器研究の初期、九州地方では文様をもたない土器しか知られていなかったが、福岡県遠賀郡水巻(みずまき)町立屋敷(たてやしき)の遠賀川川床から文様で飾る土器がみいだされた。そして同種の土器が北部九州のみでなく、山陽、近畿に及んでいることを知った小林行雄は、立屋敷遺跡が遠賀川遺跡という別称をもっていたことにちなんで、1932年(昭和7)これを遠賀川土器あるいは遠賀川式土器の名でよび始めた。[佐原 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の遠賀川式土器の言及

【陶磁器】より

…3世紀までの500年間に用いられた弥生土器は,当初から生活の機能に応じて貯蔵用の壺,煮沸用の甕(かめ),食器としての高杯(たかつき)などの器形の分化がみられる。弥生時代は前・中・後期の3時期に区分されるが,前期の土器は北九州から伊勢湾周辺まで広がった遠賀川(おんががわ)式土器と呼ばれる斉一性に富んだ土器である。壺の肩に篦(へら)で沈線文や木の葉文を描いたり,赤く彩色を施したものがある。…

【弥生土器】より

…北部九州の第I~V様式土器の時期が,畿内の第I~V様式土器に,それぞれほぼ対応する事実から,時期名としても仮にI~V期と呼べば,全国的に時期の対応を等しく扱うことができる。 I期(前期)の弥生土器は,福岡県遠賀川の川床の遺跡(遠賀郡水巻町立屋敷遺跡)から採集された土器に基づいて〈遠賀川式土器〉と総称されている。先がとがった工具で引いた線による文様(篦描(へらがき)文),貝殻の縁を使った単純な線文様や綾杉文,木の葉文などを飾る。…

※「遠賀川式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遠賀川式土器の関連キーワード朝日貝殻山貝塚西志賀貝塚砂沢遺跡水巻町立屋敷佐原伝播稲作

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android