コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無尾翼機 むびよくきtailless airplane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無尾翼機
むびよくき
tailless airplane

水平尾翼のない飛行機水平尾翼は,飛行機の左右軸まわりの釣り合いと安定の役割をもつが,これが省略できれば,水平尾翼自身と胴体後部が不要となり,その分だけ空気抗力も構造重量も軽減される。古くから亜音速の飛行機やグライダーで,このような利点をねらった無尾翼機が試作された。しかし,無尾翼で十分な安定性と操縦性を得るためには,主翼面積を大きくして,その一部に尾翼としての働きをもたせなければならないため,ねらった利点はなくなり,また胴体が短いので垂直尾翼を後方に置けないことなどから,結局,亜音速の範囲では尾翼式に劣る。超音速機では,別の理由で,幅に比べて前後に長い三角翼が好んで使われるが,この場合は,主翼の後縁に装備した舵面でかなり広い釣り合い迎え角範囲が得られるのと,水平尾翼をつけるには著しく長い胴体を必要とすることなどから,無尾翼式が有利となりこの形式が多い。 (→尾翼 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

無尾翼機【むびよくき】

水平尾翼をもたず,主翼だけで縦の安定と釣合を保てるようにしてある飛行機。このため特殊な翼断面を使うか,翼に後退角をつけ,翼端迎え角が翼付け根よりも小さくなるようにねじりを与えるなどしてある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無尾翼機
むびよくき
tailless plane

水平尾翼、または水平・垂直両尾翼がなく、主翼に相当する翼だけで揚力と縦の安定性や操縦性を得ている航空機(主として飛行機とグライダー)。一般に抵抗発生の原因となる胴体がないので揚抗比は優れているはずであるが、一つの翼で飛行性のすべてを満たすために、翼に後退角と捩(ねじ)り下げを与えていることや、必要以上に大きな翼幅と翼面積を要するため、揚抗比は逆に低くなっている。とくに飛行機の場合は、動力装置と着陸装置の取り付けがむずかしいこと、胴体がないので乗客・貨物の搭載量を多くできないこと、重心位置の移動の許容範囲が狭いこと、などの問題点があり一般的な形とはいえない。しかし、乗客や貨物を翼に搭載すると揚力と相殺できるので翼の付け根に大きな曲げモーメントが加わらず、超大型の貨物機に適合するとして研究を続けているところがある。無尾翼機の操縦は翼の後縁に取り付けたエレボンelevonによって行う。エレボンとは昇降舵(だ)elevatorと補助翼aileronの合成語で、左右を逆に動かすと機体に左右の傾きを与える補助翼の働きをもち、左右を同方向に動かすと機首を上下させる昇降舵の作用をする。前後のつり合いは主として搭載物かバラストの移動による。また方向を変えるにはエレボン、スポイラーまたは垂直尾翼をもつものでは方向舵を用いるが、どれもあまり有効ではないのが欠点となっている。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無尾翼機の言及

【翼】より

…翼の前後位置を重心に近づけたとき,安定作用が中立になるのはその空力中心を重心に合わせた場合で,ふつうの飛行機の主翼はほぼこの位置にある。しかし主翼を空力中心が重心よりやや後ろにくるように取りつければ,尾翼なしでも主翼だけで縦安定を保つことができ,無尾翼機が作れる。ただし無尾翼機は重心と空力中心がずれていても縦のつりあいがとれるように主翼の形にくふうが必要で,後退翼としその翼端をねじり下げるか,三角翼としその後縁の舵面を上げて,前のめりになるのを防いだ例が多い。…

※「無尾翼機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無尾翼機の関連キーワードノースロップ・グラマン翼(よく 航空機)全翼機

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android