コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十崎 いかざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十崎
いかざき

愛媛県中部,内子町南西部の旧町域。内山盆地の南西部にある。 1920年町制。 1954年御祓村,天神村の2村と合体。 2005年内子町小田町と合体,内子町となる。中央を水質のよい小田川が流れ,これを利用して古来大洲半紙の生産で繁栄。大洲和紙は国の伝統工芸品に指定されており,日本有数の規模の和紙工場がある。大洲市との境の神南 (かんなん) 山 (710m) には大久喜鉱山跡がある。毎年5月5日に行なわれる江戸時代から盛んな大凧合戦は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五十崎
いかざき

愛媛県西部、喜多(きた)郡にあった旧町名(五十崎町(ちょう))。現在は喜多郡内子(うちこ)町の南西部を占める地域。1920年(大正9)町制施行。1954年(昭和29)天神(てんじん)、御祓(みそぎ)の2村と合併。2005年(平成17)小田(おだ)町とともに内子町に合併。旧町域は、肱川(ひじかわ)の支流小田川流域に位置する。JR内子線、国道56号が通じる。松山自動車道が通過し、近くに内子五十崎インターチェンジが設置されている。五十崎の名は室町時代の伊賀崎、または伊勢(いせ)の五十鈴(いすず)川にちなむなど諸説がある。小田川沿岸では米、タバコ、果樹、酪農などが盛ん。古くから製紙と製糸で知られ、紙の生産は正倉院文書に記録され、藩政時代には大洲(おおず)半紙の産地となり、現在でも手漉(てす)き和紙業が残っている。明治期には製蝋(せいろう)業がおこったが、大正になって衰え、養蚕業による製糸も昭和になって衰退した。数百枚の凧(たこ)を上げて糸を切るけんかをする5月5日の大凧合戦は、県指定の無形民俗文化財。[横山昭市]
『『五十崎町誌』(1971・五十崎町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五十崎の関連キーワード愛媛県喜多郡内子町五十崎凧博物館五十崎 古郷内子(町)五十崎古郷石田 波郷石田波郷

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五十崎の関連情報