水野忠幹(2)(読み)みずの ただもと

  • 水野忠幹(2) みずの-ただもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1835-1902 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)6年生まれ。水野忠央(ただなか)の子。万延元年(1860)家督をつぎ,紀伊(きい)和歌山藩付家老,新宮城主として藩主徳川茂承(もちつぐ)を補佐した。慶応4年(1868)朝廷の命で大名とされ,独立して新宮藩主となる。明治17年男爵。明治35年4月30日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android