コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠幹(2) みずの ただもと

1件 の用語解説(水野忠幹(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠幹(2) みずの-ただもと

1835-1902 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)6年生まれ。水野忠央(ただなか)の子。万延元年(1860)家督をつぎ,紀伊(きい)和歌山藩付家老,新宮城主として藩主徳川茂承(もちつぐ)を補佐した。慶応4年(1868)朝廷の命で大名とされ,独立して新宮藩主となる。明治17年男爵。明治35年4月30日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

水野忠幹(2)の関連キーワード水野忠幹稲葉正善宗重正藤堂高邦土岐頼知細川行真細川韶邦堀親広松浦脩森俊滋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone