コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信府統記(読み)しんぷとうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信府統記
しんぷとうき

松本藩主水野家が藩士鈴木重武,三井弘篤に命じて編ませた信濃国,とりわけ安曇,筑摩両郡の地誌。写本 32巻。治世 80年,地誌,政譜の参考とすべきもののないところから水野忠幹が企て,享保9 (1724) 年弟忠恒のとき完成。付録『水野家譜』は欠けている。新旧両『信濃史料叢書』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信府統記
しんぷとうき

信濃(しなの)国(長野県)松本藩主水野氏の家臣鈴木重武・三井弘篤が主命によって編纂(へんさん)した藩治便覧ともいうべき地誌。信濃府中松本につき統(す)べて見聞の及ぶところを記し、享保(きょうほう)9年(1724)12月水野忠恒(ただつね)の序記があり、全32巻。付録に家譜を収めた水野家本はいま所在不明。戸田家写本による信濃史料編纂会刊本と、朽木(くつき)文庫本による信濃史料刊行会刊本がある。信濃諸城・郡境の沿革、水野家領分安曇(あずみ)・筑摩(ちくま)両郡の地誌、社寺沿革、名所記、道程記、松本城の構造など、さまざまな記事に富む。[金井 圓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android