コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠恒 みずの・ただつね

朝日日本歴史人物事典の解説

水野忠恒

没年:元文4.6.28(1739.8.2)
生年:元禄14(1701)
江戸中期の信濃国松本藩(松本市)藩主。江戸生まれ。通称は幼名為千代,のち主計,修理。隼人正に任ぜられる。父は忠周,母は前田利治の娘。享保8(1723)年兄忠幹の養子となり,同年遺領7万石を継ぐ。先代が藩の事業として編纂をすすめていた『信府統記』(信濃国の地誌)を同9年に完成させた。10年7月28日江戸城にて将軍徳川吉宗に拝謁後,退出の際,にわかに発狂し長府毛利家の世子毛利師就に対し刃傷事件を起こした。忠恒は川越藩主秋元喬房に預けられ,領地は没収された。8月27日許され,叔父忠穀の許に蟄居させられた。酒色に溺れ,弓矢鉄砲を弄び,政務を顧みなかったという。

(小柴良介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

水野忠恒 (みずのただつね)

生年月日:1701年8月6日
江戸時代中期の大名
1739年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

水野忠恒の関連キーワード多田加助生年月日嘉助騒動税理士

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android