水銀軟膏(読み)すいぎんなんこう(英語表記)blue ointment; mercurial ointment

世界大百科事典 第2版の解説

すいぎんなんこう【水銀軟膏 mercurial ointment】

水銀の殺菌・殺虫作用を応用した軟膏で,古くから各期梅毒に使用されたが,現在は適用されず,ケジラミなどの皮膚寄生虫に対し皮膚,毛髪に塗布する。ただし,ケジラミの成虫は死ぬが,その卵は死滅しないといわれている。刺激性が強く,また連用すれば中毒の危険があるため,現在ではほとんど使用されない。組成は,全量1000g中水銀330g,黄色酸化水銀微末5g,オレイン酸15g,精製ラノリン40g,白色軟膏610g。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいぎんなんこう【水銀軟膏】

水銀を配合した軟膏。皮膚に塗布し、梅毒の治療やケジラミの駆除に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいぎん‐なんこう ‥ナンカウ【水銀軟膏】

〘名〙 水銀に豚脂、牛脂、脱水ラノリンなどを混合した灰白色の軟膏。梅毒の治療、慢性腺腫脹、ケジラミの駆除薬として用いられた。〔扶氏経験遺訓(1842)〕
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉一「バンドのバックルをいつも水銀軟膏で磨きたてている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android