コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍る/氷る コオル

デジタル大辞泉の解説

こお・る〔こほる〕【凍る/氷る】

[動ラ五(四)]
液体、特に水が低温のため凝結して固体の状態になる。「池が一面に―・る」 冬》
外気などがひどく冷たく感じられる。「冬の朝の―・った空気」
寒さや恐ろしさのために、からだがこわばり自由に動かなくなる。「恐怖で血も―・るオカルト映画」
コンピューターが機能も作動もせず、キーボードやマウスからの入力を受け付けなくなること。ハングアップフリーズ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

凍る/氷るの関連キーワードT.ジェファーソン パーカー黒髪(近松秋江の連作小説)コンゲリターベーションフリーズ/ハングコンピューター妹尾 アキ夫かちんかちんこちんこちんコンゲロント手洗い・手洗オカルト映画風圧型風速計凍結破砕作用妹尾アキ夫着氷注意報キーボード永久凍土かんかん氷縞粘土かちかち

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android