コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井道雄 ながいみちお

2件 の用語解説(永井道雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永井道雄
ながいみちお

[生]1923.3.4. 東京
[没]2000.3.17. 東京
教育社会学者,評論家。雄弁家として著名な代議士永井柳太郎の長男として生れる。 1944年京都大学文学部卒業後,米オハイオ州立大学大学院で教育哲学,教育社会学を学び博士号を取得する。京大助教授などを経て 63年東京工業大学教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井道雄 ながい-みちお

1923-2000 昭和後期-平成時代の教育社会学者,評論家。
大正12年3月4日生まれ。永井柳太郎の次男。オハイオ州立大大学院でまなぶ。母校京大の助教授をへて昭和38年東京工業大教授に転じる。45年辞任し,朝日新聞論説委員になる。49年三木武夫内閣の文相。平成元年国際文化会館理事長,2年脳死臨調会長。平成12年3月17日死去。77歳。東京出身。著作に「日本の大学」「大学の可能性」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井道雄の関連キーワード自動車電話2000年問題書店ハ ジウォン奥健蔵キネマ旬報日活(株)三菱ふそう MIQCS燃焼システム専門図書館団体委任事務

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永井道雄の関連情報