コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田茂右衛門(初代) ながた もえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田茂右衛門(初代) ながた-もえもん

?-1659 江戸時代前期の鉱山師,治水家。
生地甲斐(かい)(山梨県)で採掘をしていたが,寛永17年常陸(ひたち)(茨城県)にうつる。水戸藩につかえ久慈(くじ)郡で金銀銅山を開発した。のち子の勘右衛門(かんえもん)とともに辰(たつ)ノ口,岩崎,小場(おば)の3大江堰(えぜき)や水路を開発した。万治(まんじ)2年5月22日死去。姓は長田,名は茂衛門とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永田茂右衛門(初代)の関連キーワード浅井了意ホイヘンス浅井了意天文学史(年表)灘の清酒メーカー井伊直孝伊曽保物語井上通岩田涼菟雲居

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android