永田茂右衛門(初代)(読み)ながた もえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「永田茂右衛門(初代)」の解説

永田茂右衛門(初代) ながた-もえもん

?-1659 江戸時代前期の鉱山師,治水家。
生地甲斐(かい)(山梨県)で採掘をしていたが,寛永17年常陸(ひたち)(茨城県)にうつる。水戸藩につかえ久慈(くじ)で金銀銅山を開発した。のち子の勘右衛門(かんえもん)とともに(たつ)ノ口,岩崎,小場(おば)の3大江堰(えぜき)や水路を開発した。万治(まんじ)2年5月22日死去。長田,名は茂衛門とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android