コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸唄 エドウタ

大辞林 第三版の解説

えどうた【江戸唄】

江戸時代に江戸で流行した三味線伴奏歌曲の類の総称。長唄・端唄・山田流箏唄ことうたなどが含まれる。 ↔ 上方かみがた

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸唄
えどうた

三味線音楽を発生地によって分類した名称。江戸後期から一般化しており、次の三つの意味を含んでいる。
(1)江戸で成立した長唄、端唄(はうた)、常磐津(ときわず)、清元などの総称。劇場専属の音楽家は各種目を兼業したため、いちいち区別の必要がなかったことに基因する。
(2)江戸で成立した一種目ないしは一曲の呼称。長唄や端唄全体をさすが、ときには長唄『勧進帳』や端唄『御所車』のように一曲のみにも使用する。
(3)江戸風の曲調を取り入れて京坂で成立した曲で、上方舞(かみがたまい)に伝承されている。「江戸唄」に対立する概念として、明治中期以降、東京では「上方唄」ということばが広まった。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸唄の関連キーワード上方歌・上方唄上方舞端唄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸唄の関連情報