御所車(読み)ゴショグルマ

  • 御所車 (ゴショグルマ)

百科事典マイペディアの解説

牛車(ぎっしゃ)の俗称。紋所の名でもあり,装飾画や小袖(こそで)には御所の車輪を図形化した模様が好んで用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 牛車(ぎっしゃ)の俗称。応仁の乱以後、禁中の大儀などだけに用いられるようになったところからいう。源氏車。御所乗物。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)二「内裡様の嫁入(よめり)とは、ごしょ車の御入内、一度拝んだばっかり」
② 文様の名。牛車の車輪を図形化したもの。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「しろき肌かたびら地紅に御所車の縫ある振袖」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御所車の関連情報