コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木戸 オオキド

4件 の用語解説(大木戸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐きど〔おほ‐〕【大木戸】

《「大城戸(おおきど)」の意》大きな城門。
近世、国境や都市の出入り口に設けた関門。
近世、芝居小屋の木戸番の頭のこと。
大坂の遊郭、新町にあった東の大門(おおもん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大木戸【おおきど】

江戸時代に江戸を発する街道の出入口に設けられた関門。東海道では高輪(たかなわ),甲州道中では四谷中山(なかせん)道では板橋宿にあり,街道交通の警備の要衝であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおきど【大木戸】

江戸時代に都市の出入口に設置された関門。町々の木戸よりも規模が大きい。江戸の芝高輪(たかなわ)の大木戸は,東海道の両脇に長さ5間,横4間,高さ1丈の土手石垣を築き,柵,門が設けられていた。付近には,道中の送迎の人々のための水茶屋牡丹餅(ぼたもち)屋が並んでいた。また甲州街道では四谷,中山道では板橋宿の岩の坂上に大木戸があり,街道交通の警備の要衝であった。【吉原 健一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大木戸
おおきど

東京都新宿区南東部、四谷(よつや)4丁目交差点付近にあった旧地名。江戸時代、江戸の市街地の出入口にあたる所に設けられ、取締りの関門の役割を果たした大木戸が地名となった。東海道筋の芝高輪(たかなわ)大木戸に対し、甲州街道筋は四谷大木戸(1616年設置)とよばれた。甲州街道の出入口の第一関門の大木戸に対して、第二の関門は四谷見附(みつけ)であり、見附の完成(1636年)により、1792年(寛政4)大木戸は廃止され、道の両側の石垣も明治になって撤去された。この近くに日本橋から移転させた四谷伝馬(てんま)町、四谷塩町があり、甲州街道筋の繁華街であった。現在、東京都水道局新宿営業所通用門わきに碑が残っている。一方、1710年(宝永7)設置された高輪大木戸(港区高輪2丁目)は、跡地が国指定史跡として保存され、土塁が残っている。伊能忠敬(いのうただたか)の全国測量は、ここを基点とした。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大木戸の言及

【四谷】より

…地名は街道の両側に四つの谷があるからとも,四谷見附付近は家が4軒しかなかったため四つ家といったともいう。1636年(寛永13)江戸築城の総仕上げの一環として,今もよくその遺構を残す赤坂~喰違(くいちがい)~四谷~市谷~牛込間の外堀,土居,外郭門を建設する際に外郭門を改めて四谷門と呼び,門外から大木戸(四谷4丁目)までを四谷と呼んだ。この時,現在の堀の部分にあった麴町11~13丁目は分断され,郭外の町屋になり昭和初期まで四谷区麴町11~13丁目があった。…

※「大木戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大木戸の関連キーワード岩鼻外港木戸都督CIQ火灯口シティーポスト指定都市市長会バリアフリ-ペットドア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大木戸の関連情報