コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木戸 オオキド

デジタル大辞泉の解説

おお‐きど〔おほ‐〕【大木戸】

《「大城戸(おおきど)」の意》大きな城門。
近世、国境や都市の出入り口に設けた関門。
近世、芝居小屋の木戸番の頭のこと。
大坂の遊郭、新町にあった東の大門(おおもん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおきど【大木戸】

江戸時代に都市の出入口に設置された関門。町々の木戸よりも規模が大きい。江戸の芝高輪(たかなわ)の大木戸は,東海道の両脇に長さ5間,横4間,高さ1丈の土手石垣を築き,柵,門が設けられていた。付近には,道中の送迎の人々のための水茶屋や牡丹餅(ぼたもち)屋が並んでいた。また甲州街道では四谷,中山道では板橋宿の岩の坂上に大木戸があり,街道交通の警備の要衝であった。【吉原 健一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大木戸
おおきど

東京都新宿区南東部、四谷(よつや)4丁目交差点付近にあった旧地名。江戸時代、江戸の市街地の出入口にあたる所に設けられ、取締りの関門の役割を果たした大木戸が地名となった。東海道筋の芝高輪(たかなわ)大木戸に対し、甲州街道筋は四谷大木戸(1616年設置)とよばれた。甲州街道の出入口の第一関門の大木戸に対して、第二の関門は四谷見附(みつけ)であり、見附の完成(1636年)により、1792年(寛政4)大木戸は廃止され、道の両側の石垣も明治になって撤去された。この近くに日本橋から移転させた四谷伝馬(てんま)町、四谷塩町があり、甲州街道筋の繁華街であった。現在、東京都水道局新宿営業所通用門わきに碑が残っている。一方、1710年(宝永7)設置された高輪大木戸(港区高輪2丁目)は、跡地が国指定史跡として保存され、土塁が残っている。伊能忠敬(いのうただたか)の全国測量は、ここを基点とした。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大木戸の言及

【四谷】より

…地名は街道の両側に四つの谷があるからとも,四谷見附付近は家が4軒しかなかったため四つ家といったともいう。1636年(寛永13)江戸築城の総仕上げの一環として,今もよくその遺構を残す赤坂~喰違(くいちがい)~四谷~市谷~牛込間の外堀,土居,外郭門を建設する際に外郭門を改めて四谷門と呼び,門外から大木戸(四谷4丁目)までを四谷と呼んだ。この時,現在の堀の部分にあった麴町11~13丁目は分断され,郭外の町屋になり昭和初期まで四谷区麴町11~13丁目があった。…

※「大木戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大木戸の関連キーワード鶴賀若狭掾(初代)太刀山峰右衛門東京都港区高輪阿津賀志山防塁高輪大木戸跡玉川庄右衛門玉川清右衛門清水山城館跡美濃三河高原国見(町)板橋[区]渋谷(区)鶴賀若狭掾新宿(区)白石(市)安田雷洲江戸時代港(区)笹川繁蔵砂川泰忠

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大木戸の関連情報