コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊孚九 い ふきゅう

7件 の用語解説(伊孚九の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊孚九

清代の画家・船主。康煕37年(1698)浙江省湖州生。名は海、号に莘野・匯川・也堂等、孚九は字。享保5年(1720)長崎に来舶し、20余年間往来した。山水画に長じ、清の文人画を伝え、日本文人画壇に大きな影響を与えた。池大雅も孚九に私淑し南画を究めた。また書も巧みである。来舶清人四大家の一人。没年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐ふきゅう〔‐フキウ〕【伊孚九】

中国清朝の画家。呉興(浙江(せっこう)省)の人。名は海、号は莘野(しんや)。享保5年(1720)貿易商として長崎に来航。南宗画(なんしゅうが)風を伝え、池大雅・桑山玉洲ら日本の南画家に大きな影響を与えた。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊孚九【いふきゅう】

中国,清代中期の商人,画家。中国では逸伝の人で,生没年不詳。名は海,字は孚九(桴鳩),号は【しん】野,匯川,也堂など。1720年から再三来日し,商売のかたわら伝統的山水画法を伝え,池大雅,桑山玉洲らに影響を与えて日本南画興隆の基礎を築いた。
→関連項目長崎派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊孚九 い-ふきゅう

1698-? 清(しん)(中国)の商人,画家。
康煕(こうき)37年生まれ。浙江省呉興の人。厦門(アモイ)の船主で,享保(きょうほう)5年(1720)長崎に渡来以降,たびたび来日。南宗(なんしゅう)画をつたえ,池大雅(いけの-たいが)らに影響をあたえた。名は海。号は也堂,莘野(しんや)耕夫など。作品に「離合山水図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いふきゅう【伊孚九】

中国清時代の画家。名は海,日本では字の孚九で知られる。生没年不詳。江蘇省呉県付近山塘の人で,馬を商う貿易商として1720年(享保5)に初めて長崎に渡来し,以後数回来日したらしい。余技として南宗文人画風の山水画をよくしたが,中国の画史画伝類にはその名を見ない。しかし,日本に初めて本格的な南宗画法を伝えた画人として,日本南画に与えた影響はきわめて大きい。【成瀬 不二雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いふきゅう【伊孚九】

中国、清代の人。名は海。孚九は字あざな。1720年より三回、貿易商として来日。南画法を伝え、池大雅らに大きな影響を残した。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊孚九
いふきゅう
Yi-fu-jiu

中国,清の貿易商,画家。浙江省呉興の人。名は海,字は孚久。号はしん野耕夫 (しんやこうふ) ,匯川 (わいせん) ,也堂。享保5 (1720) 年長崎への来航を最初とし,その後もしばしば来朝。余技として描いた山水画が当時の画家たちに注目され,江戸時代南画の発達に大きな影響を及ぼした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊孚九の言及

【長崎派】より

…精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。(4)南宗画(文人画)派も伊孚九(いふきゆう),費漢源,江稼圃(こうかほ)らの来日中国画人に負うところが多い。長崎に来航する中国商船の乗員には,当時中国で流行していた南宗画をよくする者が多かったが,当時の日本の画人はまだ中国の南宗画に接する機会が少なく,彼らの影響により,池大雅や与謝蕪村らの日本南画が興った。…

※「伊孚九」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊孚九の関連キーワード川地柯亭王冶梅大岡士豊趙希遠任伯年胡鉄梅小倉東渓石陽景叔竜登浪松

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone