コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池辺氷田 いけべの ひた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池辺氷田 いけべの-ひた

?-? 6世紀後半の仏師。
日本書紀」によれば,欽明(きんめい)天皇14年(553)和泉(いずみ)(大阪府)の海中から樟(くすのき)をとりあげ天皇に献上,命令により仏像2体がつくられたという。また敏達(びだつ)天皇13年(584)百済(くだら)から仏像2体がとどいた際,蘇我馬子の命により修行者をもとめ,播磨(はりま)(兵庫県)に高句麗(こうくり)の還俗僧(げんぞくそう)恵便(えべん)をさがしだしたとされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池辺氷田

生年:生没年不詳
最初期(6世紀)の仏教信者として著名。池辺直氏は中国系帰化人の東漢氏が多数の氏に分かれたなかのひとつ。『日本書紀』敏達13(584)年条によれば,蘇我馬子は仏像2体を入手すると,司馬達等と彼のふたりに命じて修行者を求めさせ,還俗僧(もと僧であった者)の恵便を見つけだした。そして恵便を師として善信尼ら3人の尼を出家させた。わが国最初の出家だという。また『日本霊異記』上巻第5話では,敏達天皇の代,海中から入手した楠で仏像を造ることになった際,彼が仏像3体を刻んだという。これが吉野の比蘇寺の阿弥陀像だという。『日本書紀』ではこの話を欽明14年条にかけている。

(吉田一彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いけべのひた【池辺氷田】

6世紀後半の崇仏家。生没年不詳。池辺氏は帰化系の雄族東漢(やまとのあや)氏の一族,溝辺ともみえ,姓(かばね)は直(あたい)。氷田は《日本書紀》欽明14年5月条に河内国泉郡の茅渟(ちぬ)の海に漂う霊妙な楠を取って天皇に献じ,天皇は画師にこの木で吉野寺の放光仏2体を彫造させたとあって,これを《日本霊異記》では氷田に菩薩像3体を造らせたとし,また《日本書紀》敏達13年条には鹿深(かふか)臣と佐伯連が百済から持ち帰った仏像2体をまつるために,蘇我馬子が司馬達等(しばたつと)と氷田を四方に遣わして修行者を求めさせ,播磨国で高句麗人の恵便(えびん)という還俗者を得たとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池辺氷田の関連キーワード鞍部司馬達等仏師

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android