コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝辺 みぞべ

2件 の用語解説(溝辺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溝辺
みぞべ

鹿児島県北東部,霧島市北西部の旧町域。 1959年町制。北部は山地,2005年国分市,横川町,牧園町,霧島町,隼人町,福山町の1市5町と合体して霧島市となった。南部は十三塚原を中心としたシラス台地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溝辺
みぞべ

鹿児島県中部、姶良(あいら)郡にあった旧町名(溝辺町(ちょう))。現在は霧島(きりしま)市の西部を占める。旧溝辺町は1959年(昭和34)町制施行。町名は薩摩(さつま)藩外城(とじょう)制度下の郷名による。2005年(平成17)同郡横川(よこがわ)、霧島、隼人(はやと)、福山(ふくやま)、牧園(まきぞの)の5町および国分(こくぶ)市と合併し霧島市となった。細長い旧町域の北半が山地で、南半がシラス台地。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)陵と伝える高屋(たかや)山陵があり古代薩摩の中心の一つ。近世には島津氏の直轄地で地頭(じとう)支配を受けたが、一部は加治木(かじき)島津家の私領であった。第二次世界大戦中に海軍航空隊が置かれた南東部の十三塚原(じゅうさんつかばる)(一部隼人町地区)には、1972年(昭和47)鹿児島空港が完成し、九州自動車道の溝辺鹿児島空港インターチェンジもできて交通関連産業が進出している。国道504号が通じる。耕地面積の75%を畑地が占め、以前は「溝辺ゴボウ」が知られていたが、現在はキャベツなどの野菜と茶の生産が多い。ほかに果樹や畜産も盛んである。[白石太良]
『『溝辺町郷土誌』(1973・溝辺町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝辺の関連キーワード鹿児島県霧島市霧島大窪鹿児島県霧島市霧島川北鹿児島県霧島市霧島田口鹿児島県霧島市霧島永水鹿児島県霧島市国分上小川鹿児島県霧島市国分川内鹿児島県霧島市国分敷根鹿児島県霧島市国分湊鹿児島県霧島市隼人町内鹿児島県霧島市横川町中ノ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溝辺の関連情報