決り切る(読み)キマリキル

デジタル大辞泉「決り切る」の解説

きまり‐き・る【決(ま)り切る】

[動ラ五(四)]多く「きまりきって」「きまりきった」ので用いる)
当然のことになっている。言うまでもなくはっきりしている。「そんな―・ったことを聞くな」
いつも同じで型にはまっている。「―・った文句」
[類語]機械的規則的型通り杓子定規規則正しい判で押したよう堅苦しい窮屈気詰まり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android