窮屈(読み)きゅうくつ

精選版 日本国語大辞典「窮屈」の解説

きゅう‐くつ【窮屈】

〘名〙 (形動)
① (━する) 狭かったり、堅苦しかったりして、思うように動けないこと。心身の自由を束縛されること。また、気づまりに感じること。また、そのさま。
※台記‐久安七年(1151)正月一日「太相為節会座、侍陣、而御装束遅緩、不窮屈、退罷云々」
※談義本・教訓雑長持(1752)一「欲の皮と、肉の間へ、きうくつながら分入り」
草枕(1906)〈夏目漱石〉一「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ」
② 疲れること。また、そのさま。疲労。
※台記‐康治元年(1142)五月一〇日「今日外記政也、事了、須参内、依窮屈不参、直参高陽院、即退出」
※海道記(1223頃)序「長途に疲て十日余、窮屈頻(しきり)に身をせむ」
③ 貧しくて思うようにならないこと。また、そのさま。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「窮屈」の解説

きゅう‐くつ【窮屈】

[名・形動]
空間や場所にゆとりがなく、自由に動きがとれないこと。また、そのさま。「窮屈な服」「座席が窮屈になる」
思うようにふるまえず気詰まりであること。また、そのさま。「お偉方ばかりで窮屈な会だ」「窮屈な思いをする」
形式張って堅苦しいこと。融通のきかないこと。また、そのさま。「窮屈で面白みのない男」「窮屈に考えすぎる」
物や金が不足してままならないさま。「窮屈な暮らし」
[派生]きゅうくつがる[動ラ五]きゅうくつさ[名]
[類語](1きつい狭い狭苦しいせせこましい手狭てぜま狭小狭隘きょうあい狭窄きょうさく偏狭猫のひたい手狭い猫額びょうがく所狭い方寸尺寸せきすん寸土立錐の地ナロー/(3堅苦しい気詰まり杓子定規機械的規則的型通り規則正しい決まり切る判で押したよう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「窮屈」の解説

【窮屈】きゆうくつ

尽きはてる。〔呂覧、安死〕の勞を憚り、肯て人事を(をさ)めず。美衣侈の樂を(もと)むるも、智巧窮屈して、以て之れを爲す無し。

字通「窮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android