コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈熏 しんくんSim Hun

2件 の用語解説(沈熏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈熏
しんくん
Sim Hun

[生]光武5(1901).9.12. ソウル,鷺梁津黒石洞
[没]1936.9.16. ソウル
朝鮮の小説家。本名,大燮。号,海風。 1919年,第一高等普通学校在学中に三・一運動に参加,日本の警察に逮捕され服役。 1930年以後,長編小説『東方の愛人』 (1930) ,『永遠なるほほえみ』 (1933) ,『織女星』 (1934) ,詩『その日が来れば』 (1930) を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈熏
しんくん / シフン
(1901―1936)

朝鮮の詩人、小説家。ソウルの生まれ。1919年、第一高等普通学校在学中に三・一独立運動に参加して服役。その後上海(シャンハイ)に渡り23年に帰国。『東亜日報』『朝鮮日報』などの記者を勤めるかたわら、25年『東亜日報』に長編『脱出』を連載。その後一時映画界で活躍していたが、30年ごろから創作活動を再開し、数編の中・長編を『東亜日報』『中央日報』に連載。とくに、多くの青年たちが日本の植民地支配に抵抗して農村啓蒙(けいもう)運動に生きる姿を描いた『常緑樹(サンノクス)』は、彼の代表作として高く評価されている。[梶井 陟]
『梶村秀樹・現代語学塾常緑樹の会訳『常緑樹(サンノクス)』(1981・龍渓書舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

沈熏の関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone