コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈熏 しんくん Sim Hun

2件 の用語解説(沈熏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈熏
しんくん
Sim Hun

[生]光武5(1901).9.12. ソウル,鷺梁津黒石洞
[没]1936.9.16. ソウル
朝鮮の小説家。本名,大燮。号,海風。 1919年,第一高等普通学校在学中に三・一運動に参加,日本の警察に逮捕され服役。 1930年以後,長編小説『東方の愛人』 (1930) ,『永遠なるほほえみ』 (1933) ,『織女星』 (1934) ,詩『その日が来れば』 (1930) を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈熏
しんくん / シフン
(1901―1936)

朝鮮の詩人、小説家。ソウルの生まれ。1919年、第一高等普通学校在学中に三・一独立運動に参加して服役。その後上海(シャンハイ)に渡り23年に帰国。『東亜日報』『朝鮮日報』などの記者を勤めるかたわら、25年『東亜日報』に長編『脱出』を連載。その後一時映画界で活躍していたが、30年ごろから創作活動を再開し、数編の中・長編を『東亜日報』『中央日報』に連載。とくに、多くの青年たちが日本の植民地支配に抵抗して農村啓蒙(けいもう)運動に生きる姿を描いた『常緑樹(サンノクス)』は、彼の代表作として高く評価されている。[梶井 陟]
『梶村秀樹・現代語学塾常緑樹の会訳『常緑樹(サンノクス)』(1981・龍渓書舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈熏の関連キーワード土佐光武コン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone