コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央日報 ちゅうおうにっぽう Zhong-yang ri-bao

3件 の用語解説(中央日報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央日報
ちゅうおうにっぽう
Zhong-yang ri-bao

中華民国の国民党の機関紙。 1928年創刊で,台湾では最古の新聞。発行部数は朝刊約 60万 (1993) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐にっぽう〔チユウアウ‐〕【中央日報】

大韓民国の朝刊新聞の一つ。1965年に財閥系夕刊紙として創刊。のちに朝刊紙となり、朝鮮日報東亜日報とともに同国の三大紙とされる。発行部数は約126万部(2013年)。チュンアンイルボ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央日報
ちゅうおうにっぽう / チュンアンイルボ

韓国(大韓民国)の日刊全国紙。1965年9月、韓国の財閥の一つである三星グループサムスン・グループ)によって夕刊紙として創刊された。国内では閲読率、接触率ともトップクラス。1994年にはテーマごとに別折りにするセクション版編成を他紙に先駆けて開始、また翌1995年には横書きを導入するなどつねに時代感覚をもって紙面改革に取り組み、競争の厳しい韓国新聞界にあって順調に人気を保ってきた。横書きはその後ほとんどの新聞に取り入れられている。報道は客観・公正を掲げ、比較的経済記事が豊富である。朝刊優勢の時流にあわせ1995年にはそれまでの夕刊から朝刊へ移行した。財閥系の新聞というイメージを払拭(ふっしょく)するため1999年には親会社のサムスン・グループから分離独立した。2009年のメディア規制緩和政策により、翌2010年テレビ新局「jTBC」を設立、放送事業に参入した。このテレビ事業に日本のテレビ朝日が出資し業務提携を行っている。発行部数は130万部(2009年、韓国ABC協会)。本社はソウル。[木村綾子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央日報の関連キーワード韓国在日本大韓民国民団青瓦台朝刊夕刊コリエーレデラセーラ北韓民団民団新聞在日本大韓民国居留民団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中央日報の関連情報