コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈義謙 ちんぎけんSim Ǔigyǒm

2件 の用語解説(沈義謙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈義謙
ちんぎけん
Sim Ǔigyǒm

[生]中宗30(1535)
[没]宣祖20(1587)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の政治家。慶尚北道青松郡出身。字は方叔。号は巽菴 (そんあん) 。明宗王妃仁順王后の弟。明宗 17 (1562) 年に文科に及第し,朝廷の要職を歴任した。宣祖8 (75) 年に新進士林の金孝元と対立し,東西の党に分裂して党争の端緒をつくるとともに,朝鮮王朝の朋党政治を始めることにもなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぎけん【沈義謙 Sim Ǔi‐gyŏm】

1535‐87
朝鮮,李朝の文臣。字は方叔。号は巽菴,艮菴,黄斎。慶尚道青松の人。明宗妃の弟。文科に及第後,正言,持平,司諫などの要職を歴任し大司憲に至る。士林を擁護し彼に従う者が多かったが,彼が外戚であったことから誤解も受けた。宣祖のとき,詮郎職をめぐり新進士林の中心人物金孝元と反目し,西人派の中心人物として東人派との党争を惹起した。のち,李珥(栗谷)が2人を地方官として転出させ調停を図ったが失敗し,李珥の死後,東人派が政権をとると官職を奪われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

沈義謙の関連キーワード松平清康風越山島津義弘丹羽長秀暮利比亜モアモリナリマ基本星表タルタリア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone