コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沐猴にして冠す モッコウニシテカンス

デジタル大辞泉の解説

沐猴(もっこう)にして冠(かん・かむり)す

《「史記項羽本紀の故事から》猿であるのに冠をかぶっている。見かけは立派だが、心が卑しく思慮分別に欠ける人物のたとえ。地位にふさわしくない小人物であることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もっこうにしてかんす【沐猴にして冠す】

〔史記 項羽本紀
衣冠や地位は立派であるが、心は野卑そのものである。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

沐猴にして冠すの関連キーワード沐猴衣冠