コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村栄治 さわむらえいじ

7件 の用語解説(沢村栄治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沢村栄治
さわむらえいじ

[生]1917.2.1. 三重,宇治山田
[没]1944.12.2. 台湾沖
プロ野球選手。 1934年ベーブ・ルース,L.ゲーリッグを中心としたアメリカ大リーグ選抜チームを迎え,強打者から連続三振を奪うなど好投。同年創設された読売ジャイアンツ (巨人) の前身,大日本東京野球倶楽部に投手として参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さわむら‐えいじ〔さはむらエイヂ〕【沢村栄治】

[1917~1944]プロ野球選手。三重の生まれ。プロ野球草創期に、速球を武器に巨人軍エースとして活躍。昭和11年(1936)日本プロ野球初のノーヒットノーランを達成。第二次大戦で戦死。「沢村賞」にその名を残す

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沢村栄治【さわむらえいじ】

プロ野球選手。三重県出身。1934年京都商業在学中,来日した米大リーグ選抜チームと対戦する全日本選抜チームの投手に選ばれ好投した。以後日本最初のプロ野球チーム大日本東京野球倶楽部(東京巨人軍とも)のエースとして活躍,1937年のリーグ戦では24勝4敗,防御率0.81の成績をあげ,初の最高殊勲選手となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村栄治 さわむら-えいじ

1917-1944 昭和時代前期のプロ野球選手。
大正6年2月1日生まれ。昭和9年全日本軍の投手として全米大リーグ選抜と対戦,ゲーリッグの本塁打1点におさえた。同年,日本初の職業野球団大日本東京野球倶楽部(クラブ)(現読売ジャイアンツ)に入団。速球を武器に11年プロ野球初のノーヒットノーランを記録。12年春最高殊勲選手。3度目の召集で,昭和19年12月2日台湾沖で戦死。28歳。22年沢村賞がもうけられ,34年第1回野球殿堂入り。三重県出身。京都商業中退。
【格言など】どんな球でも一投,これすべて創造だと思います(「強者の行動訓」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さわむらえいじ【沢村栄治】

1917‐44(大正6‐昭和19)
日本プロ野球草創期の名投手。三重県出身。京都商業に進み,持ちまえの快速球で頭角をあらわした。1934年秋にアメリカ大リーグ選抜チームが来日したさい,全日本選抜チームの投手に選ばれ,静岡草薙球場の第10戦に登板,ルースゲーリッグら強打者を相手に好投した。同34年日本最初のプロ野球チーム大日本東京野球俱楽部(東京巨人軍ともいわれた)の創立に参加,35,36年と渡米し,好成績をあげ,アメリカ国内でも〈サワムラ〉の名前が知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さわむらえいじ【沢村栄治】

1917~1944) プロ野球選手。三重県生まれ。京都商に在学中、全日本チームの投手として、大リーグ選抜チームを相手に好投。その後、大日本東京野球俱楽部に入団し、豪速球とドロップで活躍したが、第二次大戦で戦死した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢村栄治
さわむらえいじ
(1917―1944)

プロ野球選手(投手:右投左打)。2月1日、三重県宇治山田市(現、伊勢(いせ)市)生まれ。京都商業(現、京都学園高)在学時より速球投手として有名であった。1934年(昭和9)秋、同校5年生で全日本チームに選ばれて、来日したアメリカ大リーグ選抜チームと静岡草薙(くさなぎ)球場で対戦したとき、ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらの超一流打者に対し好投、ゲーリッグのホームランにより1対0で惜敗したが、そのときの善戦の模様は今日まで語り伝えられている。1936年、プロ野球の公式戦が始まると東京巨人(現、読売ジャイアンツ)のエースとして活躍、巨人に初の優勝をもたらした。1937年春季シーズン(1937~1938年は2シーズン制)24勝4敗で、初の最高殊勲選手(現、最優秀選手)となる。三段落ちといわれたドロップ(落差の大きいカーブ)と豪速球が持ち味であった。兵役に二度就いたため、巨人での実働は5年間。1944年12月台湾沖で戦死。1947年彼の名を冠した「沢村賞」を制定、一時セントラル・リーグの投手のみを対象としていたが、現在はパシフィック・リーグも対象として、該当者のない場合を除き優秀投手に毎シーズン贈ることにしている。その背番号14は巨人の永久欠番である。[神田順治・森岡 浩]
 実働5年間の通算成績は、登板試合105、投球回765と3分の1、63勝22敗、防御率1.74、奪三振554、完投65、完封20。獲得したおもなタイトルは、最多勝利2回、最優秀勝率1回、最高勝率1回、最多奪三振2回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回。1959年(昭和34)第1回目の野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部・森岡 浩]
『北原遼三郎著『沢村栄治とその時代』(1992・東京書籍)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢村栄治の関連キーワード大下弘池田豊押川清景浦将河野安通志中河美芳西村幸生吉原正喜鬼頭数雄松原誠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢村栄治の関連情報