コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別所毅彦 ベッショタケヒコ

3件 の用語解説(別所毅彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べっしょ‐たけひこ【別所毅彦】

[1922~1999プロ野球選手・監督。兵庫の生まれ。昭和17年(1942)南海(福岡ソフトバンクの前身)に投手として入団。同22年には30勝で最多勝利をあげ、沢村賞受賞第1号となる。同24年に巨人移籍後もエースとして活躍。17年間で20勝以上を8回記録。通算310勝をあげた。引退後はヤクルトなどで監督を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別所毅彦 べっしょ-たけひこ

1922-1999 昭和時代のプロ野球選手,監督。
大正11年10月1日生まれ。滝川中学のエースとして4番青田昇とのコンビ甲子園で活躍。昭和17年南海に入団。22年最多完投47を記録。24年巨人に引き抜かれ,別所事件とさわがれる。豪速球投手として20勝以上を8回記録。実働17年,通算310勝178敗,防御率2.18。43-45年サンケイ監督をつとめた。54年野球殿堂入り。平成11年6月24日死去。76歳。兵庫県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別所毅彦
べっしょたけひこ
(1922―1999)

プロ野球選手(投手:右投右打)、監督。10月1日、兵庫県生まれ。滝川中(現、滝川高)では2年連続で選抜大会に出場した。1941年(昭和16)の大会では準々決勝の岐阜商戦でサヨナラ負けを喫したが、9回攻撃中に走塁で左腕を骨折したにもかかわらず、左腕を包帯で吊(つ)って延長12回途中まで投げ続けた話はよく知られている。日本大学を中退後、1942年に南海(のち南海ホークス、現、福岡ソフトバンクホークス)へ入団。181センチメートルの長身から繰り出す豪球を武器に、翌1943年にはノーヒットノーランを達成した。1947年は最多勝利と最多奪三振の二冠王となり、沢村賞の第一号受賞者となる栄誉に浴した。1949年に読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍、1960年に引退するまで20勝以上を6回記録、最多勝利の1952年と1956年はいずれも最高殊勲選手(現、最優秀選手)に選ばれた。また、最優秀防御率投手となった1955年には2回目の沢村賞も受賞した。歴代5位の通算310勝をあげ、1947年に記録した年間47完投はプロ野球記録(2015年時点)であり、その間故障らしい故障はまったくなく、タフネスぶりを発揮した。1968年から1970年までサンケイアトムズ(1970年はヤクルトアトムズ、現、東京ヤクルトスワローズ)の監督を務めた。[出村義和]
 選手としての実働17年間の通算成績は、登板試合662、投球回4350と3分の2、310勝178敗、防御率2.18、奪三振1934、完投335、完封72。獲得したおもなタイトルは、最多勝利3回、最高勝率1回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)2回、沢村賞2回、ベストナイン6回。監督としての通算成績(3年)は、342試合、143勝190敗9分け、勝率4割2分9厘。1979年(昭和54)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『別所毅彦著『剛球唸る!』(1989・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別所毅彦の関連キーワード大下弘日本プロ野球選手会池田豊苅田久徳河野安通志坪内道典浜崎真二若林忠志プロ野球チップス佐々木信也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

別所毅彦の関連情報