コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢野淳 さわのじゅん

2件 の用語解説(沢野淳の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

沢野淳【さわのじゅん】

農学者。摂津(せっつ)三田藩の人。駒場農学校に学び,母校の助教授となった。のち農商務省技師として農事試験場の必要を主唱,1893年に東京西ヶ原に本場が置かれ,その場長に任ぜられ,全国6ヵ所に支場の設立をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢野淳 さわの-じゅん

1859-1903 明治時代の農学者。
安政6年4月28日生まれ。農商務省にはいり,明治22年ドイツの農業事情を視察。農事試験場の創設を提案,推進して,26年最初の東京場長となった。明治36年7月25日死去。45歳。摂津有馬郡(兵庫県)出身。駒場農学校(現東大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone