コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野典生 コウノテンセイ

3件 の用語解説(河野典生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうの‐てんせい〔かうの‐〕【河野典生】

[1935~2012]小説家。高知の生まれ。本名、典生(のりお)。ミステリーハードボイルド・SFファンタジージャズ小説など、幅広く活躍。「殺意という名の家畜」で日本推理作家協会賞受賞。他に「街の博物誌」「アガサ・クリスティ殺人事件」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野典生 こうの-てんせい

1935-2012 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年1月27日生まれ。昭和34年「ゴウイング・マイウェイ」で注目され,39年「殺意という名の家畜」で日本推理作家協会賞ハードボイルド,ジャズ小説,SFファンタジーと幅ひろく執筆した。平成24年1月29日死去。77歳。高知県出身。明大中退。本名は典生(のりお)。作品はほかに「明日こそ鳥は羽ばたく」「街の博物誌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野典生
こうのてんせい
(1935―2012)

推理作家。高知市生まれ。明治大学仏文科中退。1958年(昭和33)多岐川恭代表の探偵作家団体「他殺クラブ」を佐野洋、水上勉、結城昌治らと結成。翌1959年、日本テレビなどが主催した「夜のプリズム賞」で、「ゴウイング・マイ・ウェイ」が佳作入選。1960年には、処女短編集『陽光の下、若者は死ぬ』を刊行。ハードボイルド・タッチのミステリーとして注目され、1963年、書き下ろし長編『殺意という名の家畜』で日本推理作家協会賞を受賞した。1969年刊行の『他人の城』と1974年『ペインティング・ナイフの群像』が、直木賞候補となる。ジャズ小説集『狂熱のデュエット』(1973)、『明日こそ鳥は羽ばたく』(1975。角川小説賞)などや、SFファンタジーの連作短編集『街の博物誌』(1974。1979年『続・街の博物誌』)を刊行して作域を広げている。ほかに、『アガサ・クリスティ殺人事件』(1983)、芸能界をドラマチックに観察・分析する長編エッセイ『芸能界考現学』(1990)などがある。[厚木 淳]
『『殺意という名の家畜』(1963・宝石社) ▽『他人の城』(1969・三一書房) ▽『ペインティング・ナイフの群像』(1974・新潮社) ▽『街の博物誌』『続・街の博物誌』(1974、1979・早川書房) ▽『明日こそ鳥は羽ばたく』(1975・角川書店) ▽『ジャズの本』(1977・青樹社) ▽『アガサ・クリスティ殺人事件』(1983・祥伝社) ▽『芸能界考現学――松田聖子、ビートたけしから山瀬まみ、所ジョージへ』(1990・大陸書房) ▽『狂熱のデュエット:ジャズ小説集』『陽光の下、若者は死ぬ』(角川文庫) ▽星新一著『きまぐれフレンドシップ(PART1)』(新潮文庫) ▽香山二三郎著『日本ミステリー最前線(1) 1983~1988』(双葉文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野典生の関連キーワード飯吉光夫池井優杵屋正次郎(6代)木下実酒井シヅ佐久間一柴田鋼造須田立雄峰岸明渡辺信三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone