コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法廷侮辱 ほうていぶじょくcontempt of court

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法廷侮辱
ほうていぶじょく
contempt of court

裁判所侮辱 (罪) ともいう。特に英米法上の,裁判所権威に対する侮辱の行為をさす。法廷内の裁判妨害 (直接侮辱) ,法廷外の裁判妨害,出版による法廷侮辱,裁判所の判決,命令に対する違反,不服従などの類型がある。行為者に制裁を科する手続は類型により差があるが,いずれも即決的であって,陪審審理が許されず,裁判官の自由裁量にゆだねられるなど英米法では非常に特異,強力な制度である。このため裁判所による濫用の危険もあり,特にアメリカでは言論の自由,労働争議などに関し,裁判所の権限を制限する制度が考案されている。日本にはこれを参考にした法廷等の秩序維持に関する法律が制定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうていぶじょく【法廷侮辱】

審判の妨害、裁判所の命令に対する不服従、司法作用の妨害など、裁判所の権威を害する行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法廷侮辱
ほうていぶじょく

英米法上、裁判所の権威を侵害する行為。直接審判を妨害する場合だけでなく、出版物などによる係属事件の批判などの間接侮辱も含まれる。陪審ではなく、略式手続で処罰され、制裁は、罰金か拘禁かその併科である。[大出良知]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法廷侮辱の関連キーワードライヒ(Wilhelm Reich)プルマン・ストライキユージン デニス取材源の秘匿司法作用柳寛順

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法廷侮辱の関連情報