コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本国見在書目録 にほんこくげんざいしょもくろく

6件 の用語解説(日本国見在書目録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本国見在書目録
にほんこくげんざいしょもくろく

勅撰の最も古い漢籍目録。1巻。藤原佐世撰。成立は寛平3 (891) 年頃とみられる。 40家に分類され,1579部,1万 6790巻を収め,なかには隋,唐の目録にみえない漢籍も少くない。現存のものは抄略本である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほんこくげんざいしょもくろく【日本国見在書目録】

平安前期の漢籍目録。1巻。藤原佐世(すけよ)撰。寛平3年(891)ごろの成立か。当時日本にあった漢籍1万6790巻を部門別に分類し、書名・巻数・著者名などを記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本国見在書目録【にほんこくげんざいしょもくろく】

日本最古の漢籍目録。1巻。藤原佐世撰。成立は891年ころ。当時日本に〈見在〉つまり現存していた漢籍を記載。書目は約1580部1万7000巻近い。ただし現存するものは抄本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんこくげんざいしょもくろく【日本国見在書目録】

藤原佐世(すけよ)の撰になる日本最古の漢籍目録。1巻。891年(寛平3)ころ成立。〈見在〉とは現存の意で,当時日本にあった漢籍の目録であるが,一部国書が混じる。875年(貞観17)冷然院が焼けて累世の書物の多くを失ったことが編纂の契機となったとの説もある。《隋書》経籍志にならったと思われる分類で,約1580部1万7000巻近くの書籍を,易家,尚書家,詩家など40家に分けて記載。中国では散逸して本書によってのみ知られるものもあり,書誌学上,文献学上貴重な資料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんこくげんざいしょもくろく【日本国見在書目録】

日本最古の漢籍目録。一巻。藤原佐世すけよ撰。891年頃成立。宇多天皇の命を受け、当時日本に存した漢籍一五七九部一万六七九〇巻の書名・巻数などを記したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本国見在書目録
にほんこくげんざいしょもくろく

日本に渡来していた漢籍の勅撰(ちょくせん)の目録。1巻。891年(寛平3)ごろの成立。藤原佐世(すけよ)撰。『日本見在書目録』『本朝見在書目録』ともいわれ、最古写本たる室生(むろう)寺本に「外典書籍(げてんしょじゃく)目録」とみえるのは、内典に対する漢籍の目録であることを示したものであろう。また撰者の名によって「佐世録」「藤原佐世注文」ともよばれる。日本の漢籍目録として最古のもの。当時の漢籍の分類目録で、各書について書名・巻数をあげ、撰者を注する。『隋書(ずいしょ)経籍志』に従って、易家から惣集(そうしゅう)家まで40部門、1579部、1万6790巻を収める。現存は抄略本のみ。『続群書類従』所収。[林 幹彌]
『矢野玄亮著『日本国見在書目録――集証と研究』(1984・汲古書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本国見在書目録の言及

【図書館】より

…中国における紙の発明は通説によれば2世紀初頭とされるが,その製法は日本にも7世紀初めまでには伝わっていたと考えられ,同時に漢籍や仏典も請来された。875年(貞観17),宮廷の文庫冷泉院の焼失を機に反省がおこり,中国から渡来した本を確認するため宇多天皇の命で藤原佐世(すけよ)撰述による《日本国見在書目録(にほんこくげんざいしよもくろく)》がつくられる。さらに日中文化の接触にはまず漢字書(辞書)が必要だとされ昌住による《新撰字鏡》が成立する。…

※「日本国見在書目録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本国見在書目録の関連キーワード藤原佐世浅草花やしき三蹟(三跡)宮城県石巻市中瀬伊東祐福菅野佐世藤原菅雄藤原佐理女藤原資頼御船佐世

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone