コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥水検層 でいすいけんそうmud analysis logging

2件 の用語解説(泥水検層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥水検層
でいすいけんそう
mud analysis logging

坑井の掘削中に,坑底から地表に循環する泥水や掘り屑中の油やガスを抽出し,その化学成分および量を測定して,地層中の炭化水素の含有量を推定する検層。ガスの測定には普通ホイートストン・ブリッジを用い,ガスと白金電極触媒作用による発熱の変化を測定する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でいすいけんそう【泥水検層 mud log】

坑井の掘削に用いる泥水ならびにそれに混在する掘屑を分析し,地層中の炭化水素濃度,岩質等を調べる方法。坑井の掘削には循環泥水を用いるが,地層中の炭化水素はこれに溶け込むので,地表に再び返ってくる泥水と掘屑を調べれば石油,天然ガスの兆候などを知ることができる。この方法は石油・天然ガスの試掘井で,地下に石油やガスが存在することを掘削中に予測するために開発され,1950年ころアメリカマッドロギングの名称で商業化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥水検層の関連情報