(読み)しゃあ

精選版 日本国語大辞典「洒」の解説

しゃあ【洒】

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
愛想がなく、つんとしているさま。〔随筆・関秘録(1761‐64頃か)〕
② あつかましいさま。
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉緒論「己れ藩閥政治家を戴て〈略〉洒蛙として藩閥政府を攻撃する者は之をいーたちこっこと云ふ」
[2] 〘名〙 あつかましい人。
※歌舞伎・日月星享和政談(延命院)(1878)六幕「何ぼしゃあでも見世から出にくい。庭口から一丁目へ出ようよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android