気が利く(読み)キガキク

デジタル大辞泉の解説

気(き)が利(き)・く

細かいところにまで注意が及ぶ。「若いのによく―・く」
しゃれている。粋である。「―・いたせりふ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き【気】 が 利(き)

① 物事をするのに、細かなところまでよく気がつく、心が行きとどく、気転がきく。
※甲陽軍鑑(17C初)品一四「機のきいたる男は、上の人に負まじと機をきいて馳廻(はしりまわり)
② しゃれている。いきである。おつである。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「『あのかかアは江戸ものよ』『どふりで気(キ)がきいてらア』」
③ こなまいきである。
※大阪江戸風流ことば合せ(1830‐44)「大坂にて、きのきいた、江戸にて、きいたふう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる