コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗心洞劄記 せんしんどうさつき

2件 の用語解説(洗心洞劄記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洗心洞劄記
せんしんどうさつき

大塩平八郎の著。2巻。天保6(1835)年刊。上巻 180条,下巻 139条。随想録であるが,宇宙万物の根源であり,同時に心の本体でもある太虚にいたる禁欲的な修養論が説かれている。重刊本の巻末には,この書に対する当時の儒学者の批判を集めたものが「付録抄」として収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんしんどうさっき【洗心洞劄記】

陽明学者大塩中斎(平八郎)の主著。1833年(天保4)家塾板として出版し,35年に〈後自述〉と門人による跋文を加えて精義堂より再版した。上下2巻。洗心洞は中斎の私塾名,劄記はノートの意で,中斎自身の語録と中国儒者の言葉についての独自の解釈を示したもので,〈太虚に帰す〉と〈明体適用〉の思想を展開し,37年の大塩の乱の背景をうかがいうる。《日本思想大系》所収。【酒井 一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洗心洞劄記の関連キーワード大塩平八郎王陽明大塩平八郎の乱陽明学派間内大塩の乱大塩ゆう鈴木遺音堀井儀三郎大塩中斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone