胆振(読み)イブリ

デジタル大辞泉の解説

いぶり【胆振】

北海道の旧国名。北海道南西部にあたり、現在の胆振総合振興局と後志(しりべし)渡島(おしま)石狩上川(かみかわ)総合振興局・振興局の一部を含む。
北海道中南部の総合振興局。局所在地は室蘭市
[補説]アイヌ語の地名を、明治時代に「胆振(いふりさへ)の蝦夷二十人」〈斉明紀〉によってあてたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶり【胆振】

北海道旧一一か国の一。胆振支庁の全域、上川・石狩・後志しりべし・渡島各支庁の一部を含む地域。
北海道南西部の支庁。支庁所在地、室蘭市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぶり【胆振】

[一] 胆振国。旧北海道一一か国の一つ。北海道の南西部を占め、現在の後志(しりべし)、渡島(おしま)、胆振、石狩、上川の五支庁を含む。
[二] 胆振支庁。北海道一四支庁の一つ。支庁所在地の室蘭市と苫小牧市を中心とする地域。西部は支笏洞爺国立公園の一部を含む。大正一一年(一九二二)室蘭支庁を改称成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆振の関連情報