コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆振 イブリ

デジタル大辞泉の解説

いぶり【胆振】

北海道の旧国名。北海道南西部にあたり、現在の胆振総合振興局と後志(しりべし)渡島(おしま)石狩上川(かみかわ)総合振興局・振興局の一部を含む。
北海道中南部の総合振興局。局所在地は室蘭市
[補説]アイヌ語の地名を、明治時代に「胆振鉏(いふりさへ)の蝦夷二十人」〈斉明紀〉によってあてたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶり【胆振】

北海道旧一一か国の一。胆振支庁の全域、上川・石狩・後志しりべし・渡島各支庁の一部を含む地域。
北海道南西部の支庁。支庁所在地、室蘭市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胆振の関連キーワード洞爺湖有珠火山マイスター制度シャクシャインの戦い噴火湾の養殖ホタテ支笏洞爺国立公園追分(北海道)胆振総合振興局大滝(北海道)北海道虻田郡石狩[支庁]上川[支庁]北海道有珠郡胆振[支庁]渡島[支庁]北海道白老郡後志[支庁]北海道勇払郡豊浦[町]壮瞥[町]白老[町]大滝[村]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆振の関連情報