コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津幡町 つばた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津幡〔町〕
つばた

石川県中央部,金沢平野北部にある町。東は富山県に接する。 1889年町制。 1954年中条,笠谷 (かさだに) ,井上,英田 (あがた) の4村と合体。同年河合谷 (かあいだに) 村と森本町の一部を,57年倶利伽羅村を編入して現町域となる。町名は埋立てられた河北潟に接して,津波多と中世以来呼ばれていたことに由来する。中心集落の津幡は北陸街道と七尾街道分岐点にあり,江戸時代には宿駅として繁栄。現在は JR北陸本線と七尾線の分岐点,国道8号線と 159号線がそれぞれ東と北へ向けてのびる交通の要所となっている。米,野菜などが栽培されるが,金沢市の近郊住宅地の性格が強く,工業団地も立地。東部県境の丘陵地には倶利伽羅の古戦場があり,中央部に県立森林公園がある。面積 110.59km2。人口 3万6968(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つばた‐まち【津幡町】

津幡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

津幡町の関連キーワード石川県河北郡津幡町笠池ケ原石川県河北郡津幡町彦太郎畠石川県河北郡津幡町倶利伽羅石川県河北郡津幡町井上の荘石川県河北郡津幡町井野河内石川県河北郡津幡町菩提寺石川県河北郡津幡町上矢田石川県河北郡津幡町朝日畑石川県河北郡津幡町鳥屋尾石川県河北郡津幡町緑が丘石川県河北郡津幡町池ケ原石川県河北郡津幡町上藤又石川県河北郡津幡町上大田石川県河北郡津幡町上河合石川県河北郡津幡町五反田石川県河北郡津幡町下藤又石川県河北郡津幡町南中条石川県河北郡津幡町蓮花寺石川県河北郡津幡町下矢田石川県河北郡津幡町木ノ窪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津幡町の関連情報