コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七尾線 ななおせん

4件 の用語解説(七尾線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七尾線
ななおせん

石川県津幡(→津幡町)から穴水(→穴水町)にいたる鉄道。津幡―和倉温泉(→和倉温泉。59.5km) は JR西日本,七尾―穴水 (33.1km) はのと鉄道に属する。七尾―和倉温泉は共用区間。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

七尾線【ななおせん】

IRいしかわ鉄道津幡(石川県)〜和倉温泉間のJR線。営業キロ59.5km。1898年七尾鉄道により本津幡〜七尾間開業。1907年国有化,1935年津幡〜輪島間全通。
→関連項目IRいしかわ鉄道[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

七尾線

JR西日本が運行する鉄道路線。石川県河北郡津幡町の津幡駅から七尾市の和倉温泉駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七尾線
ななおせん

西日本旅客鉄道の線路名称。石川県、津幡(つばた)―和倉温泉間59.5キロメートル、全線単線、直流電化(津幡駅付近のみ交流電化)。IRいしかわ鉄道(旧JR北陸本線)津幡駅より分岐し、能登(のと)半島を南北方向に縦貫する。沿線に羽咋(はくい)、七尾などの都市がある。津幡―七尾間は1898年(明治31)七尾鉄道として開業し、1907年(明治40)国有化、1909年の線路名称統一で七尾線となった。1925~1935年(大正14~昭和10)七尾―輪島間を延長開業した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。1991年(平成3)9月より、和倉温泉―輪島間は、のと鉄道が他社の鉄道施設を借りて営業を行う第2種鉄道事業者となり、列車を運行しているが、2001年3月31日穴水(あなみず)―輪島間は廃止された。ほとんどの列車がIRいしかわ鉄道に乗り入れて金沢まで直通運転される。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七尾線の関連キーワード底倉温泉和倉温泉津幡七尾怒りの北陸本線わくたまくん小浜線和倉温泉夏花火石川県河北郡津幡町津幡石川県野々市市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七尾線の関連情報