コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七尾線 ななおせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七尾線
ななおせん

石川県津幡(→津幡町)から穴水(→穴水町)にいたる鉄道。津幡―和倉温泉(→和倉温泉。59.5km) は JR西日本七尾―穴水 (33.1km) はのと鉄道に属する。七尾―和倉温泉は共用区間。1898年七尾鉄道により部分的に開通,1907年に国有化され,1935年輪島(→輪島市)までの全線開通。1987年4月民営化された。2001年穴水―輪島が廃止。全列車が津幡から北陸本線に乗り入れて,金沢まで直通する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

七尾線【ななおせん】

IRいしかわ鉄道津幡(石川県)〜和倉温泉間のJR線。営業キロ59.5km。1898年七尾鉄道により本津幡〜七尾間開業。1907年国有化,1935年津幡〜輪島間全通。
→関連項目IRいしかわ鉄道[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七尾線
ななおせん

西日本旅客鉄道の線路名称。石川県、津幡(つばた)―和倉温泉間59.5キロメートル、全線単線、直流電化(津幡駅付近のみ交流電化)。IRいしかわ鉄道(旧JR北陸本線)津幡駅より分岐し、能登(のと)半島を南北方向に縦貫する。沿線に羽咋(はくい)、七尾などの都市がある。津幡―七尾間は1898年(明治31)七尾鉄道として開業し、1907年(明治40)国有化、1909年の線路名称統一で七尾線となった。1925~1935年(大正14~昭和10)七尾―輪島間を延長開業した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。1991年(平成3)9月より、和倉温泉―輪島間は、のと鉄道が他社の鉄道施設を借りて営業を行う第2種鉄道事業者となり、列車を運行しているが、2001年3月31日穴水(あなみず)―輪島間は廃止された。ほとんどの列車がIRいしかわ鉄道に乗り入れて金沢まで直通運転される。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

七尾線の関連キーワード石川県鹿島郡中能登町須曽蝦夷穴古墳宝達志水[町]宝達志水(町)西日本旅客鉄道吉崎邑知潟地溝帯中能登(町)雨の宮古墳群能登国分寺跡散田金谷古墳宇ノ気[町]中能登[町]鹿西[町]鳥屋[町]上山田貝塚羽咋[市]七尾(市)押水[町]輪島[市]

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七尾線の関連情報