コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地頭請 じとううけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地頭請
じとううけ

鎌倉時代,地頭に荘園の年貢納入を請負わせたこと。地頭は武力を背景として非法狼藉を行い,荘園領主への年貢納入を妨げ,さらには土地の押領を意図した。これに苦しんだ荘園領主は,一定の年貢納入を確保するため,荘園の管理を地頭に請負わせることとした。しかし地頭は契約を守らず,下地中分に進むことになり,荘園体制は動揺し地頭領主制が促進された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

地頭請【じとううけ】

荘園領主・国司地頭との契約により,地頭が毎年一定の年貢を領主に納入することを条件に,その地の支配を任される制度。その土地を地頭請所という。鎌倉幕府によって設置された地頭がその職権を利用して実力で荘園や国衙(こくが)領の年貢を押領したため,荘園領主・国司側との争いが多く,これを避けるために領主側のとった方法。
→関連項目茜部荘請所大山荘奥山荘富田荘沼田荘船木田荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じとううけ【地頭請】

鎌倉時代,荘園・公領において,地頭が豊凶にかかわりなく定額年貢の貢納を請け負うこと。鎌倉幕府の地頭に対する恩賞給与,あるいは荘園領主や国司と地頭との所領や権限等をめぐる紛争解決の手段として実現した場合が多い。これによって地頭は荘園・公領の支配・管理権を事実上掌握し,その結果地頭の封建領主化と荘園制の解体が促進されたとみなされている。その成立の形態は,(1)武家(将軍家,北条氏)の口入(くにゆう)によるもの,(2)寄進地系荘園における下司(げし)職が転化・継承されたもの,(3)荘園領主・国司との紛争解決のため当事者間での私的契約にもとづいて成立したもの,などに分類できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じとううけ【地頭請】

鎌倉時代、豊凶にかかわらず、地頭が毎年一定額の年貢納入を荘園領主・国衙こくがに対して請け負うこと。これにより、荘園の管理が地頭に委ねられ、地頭の支配権は強化した。地頭請所。請所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地頭請
じとううけ

荘園(しょうえん)領主が地頭に荘園管理を全面的にゆだねるかわりに、毎年の豊凶にかかわらず一定の年貢の進納を請け負わせる方法のこと。「地頭請所(うけしょ)」ともいう。この一定額の年貢を請料(うけりょう)という。鎌倉初期からみられる現象であるが、一般的な成立は鎌倉中期から後期にかけてである。鎌倉幕府設置の地頭は、その権限を乱用、荘園領主に進納すべき年貢を不法抑留することが多くなった。その年貢抑留の表面上の理由は、水損、風損、干損などの天災による収益の減少であるが、荘園領主はそのたびに地頭と紛争を起こし、幕府への訴訟によって解決を図った。そこでこの紛争解決の煩わしさから免れるためにとられた方法の一つが、この地頭請である。地頭請には、荘園領主と地頭とが直接に私的契約を結んで成立する請所と、幕府口入(くにゅう)の請所があった。後者は、幕府が地頭優遇策として、荘園領主側に請所とすることを要求して成立したもの。このような地頭請は、荘園に限らず国衙(こくが)領でも行われた。このことにより地頭は在地における事実上の支配権を合法的に掌握し、種々の公事(くじ)課役(雑税)を自由に賦課して在地への支配を強化していった。さらに、契約している請料の滞納・未済なども多く、地頭請の結果、地頭の封建領主化が進んだ。[安田元久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地頭請の関連キーワード荘園(日本)一円知行中沢基員久留美荘地頭請け福岡荘南部荘太田荘横田荘直務

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android