コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洶涌/洶湧 キョウユウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ゆう【××涌/×洶湧】

[名](スル) 水が勢いよくわき出ること。また、波が立ち騒ぐこと。きょうよう。
「得々たる感情が心の裏に―するのを制し兼ねた」〈菊池寛・忠直卿行状記〉
[ト・タル][文][形動タリ]水が勢いよくわき出るさま。また、波が立ち騒ぐさま。きょうよう。
「独り早川の渓声のみ―として枕に響けり」〈鉄腸雪中梅

きょう‐よう【××涌】

きょうゆう(洶涌)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android