コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カツ

デジタル大辞泉の解説

かつ〔クワツ〕【活】

生きること。生きていること。「死中にを求める」
気絶した人に意識を取り戻させる術。
活発なこと。生き生きしていること。
「気象も頗る―の方なるゆえ」〈逍遥当世書生気質

かつ【活】[漢字項目]

[音]カツ(クヮツ)(漢) [訓]いきる いかす いける
学習漢字]2年
勢いよく動く。生き生きしている。「活気活況活動活発活躍活力快活
生きる。暮らす。「活魚活殺死活自活生活復活
動きを殺さないで役立てる。「活用
「活字」の略。「活版/木活」
「活動」の略。「部活
「活用」の略。「五段活」
「活動写真」の略。「活弁
[難読]活魚(いけうお)独活(うど)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつ【活】

生きること。 「死中に-を求める」
柔道などで、気絶した人の意識を取り戻させる方法。
勢いがよいこと。いきいきとしていること。 「気象も頗る-の方なるゆゑ/当世書生気質 逍遥
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

活の関連キーワード新潟県糸魚川市根小屋恋愛3次元デビューファンラールの式水素イオン活量死菌ワクチンブランチングイオン強度大都撮影所加熱製剤就活うつ空巌浄活活断層法伏在断層白河桃子惺門四家おまへん丸山可澄江馬元益結婚活動熊谷立設

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活の関連情報