コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れに棹さす ナガレニサオサス

デジタル大辞泉の解説

流(なが)れに棹(さお)さす

流れに棹をさして水の勢いに乗るように、物事が思いどおりに進行する。誤って、時流・大勢に逆らう意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その発言は流れに棹さすものだ」を、「傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする」と「傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成18年度調査平成24年度調査
傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする
(本来の意味とされる)
12.4パーセント17.5パーセント23.4パーセント
傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする
(本来の意味ではない)
63.6パーセント62.2パーセント59.4パーセント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ながれにさおさす【流れに棹さす】

棹を操って流れに乗って舟を進める。機会をつかんで時流にのる。物事が順調にはかどる。 〔「時流に逆らう」の意で用いるのは誤り〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

流れに棹さすの関連キーワード行為事柄

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流れに棹さすの関連情報