流れに棹さす(読み)ナガレニサオサス

デジタル大辞泉の解説

流(なが)れに棹(さお)さす

流れに棹をさして水の勢いに乗るように、物事が思いどおりに進行する。誤って、時流・大勢に逆らう意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その発言は流れに棹さすものだ」を、「傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする」と「傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成18年度調査平成24年度調査
傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする
(本来の意味とされる)
12.4パーセント17.5パーセント23.4パーセント
傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする
(本来の意味ではない)
63.6パーセント62.2パーセント59.4パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながれにさおさす【流れに棹さす】

棹を操って流れに乗って舟を進める。機会をつかんで時流にのる。物事が順調にはかどる。 〔「時流に逆らう」の意で用いるのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流れに棹さすの関連情報