コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運ぶ ハコブ

2件 の用語解説(運ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はこ・ぶ【運ぶ】

[動バ五(四)]
物や人をある場所から他の場所へ移す。移動させる。「荷物を―・ぶ」「けが人を救急車で―・ぶ」
(「足をはこぶ」などの形で)ある場所まで出向く。目的地に行く。「せっせと足を―・ぶ」「歩(ほ)を―・ぶ」
(「おはこびになる」「おはこびくださる」などの形で)「来る」「行く」の尊敬語。「ようこそお―・びくださいました」
物事を予定した段取りにしたがって進める。「事をうまく―・ぶ」「会議を―・ぶ」
その物を用いてする動作を進める。「筆を―・ぶ」「箸を―・ぶ」
物事がとどこおらずに進む。進捗(しんちょく)する。はかどる。「交渉が円滑に―・ぶ」「仕事がうまく―・ぶ」
[可能]はこべる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はこぶ【運ぶ】

( 動五[四] )
物を他の場所に移す。移動させる。運搬する。 「荷物を-・ぶ」 「材木を船で-・ぶ」 「タンポポの種が風に-・ばれてゆく」
人がある場所へ行く。
主に「お運びになる」「お運び下さる」の形で、「行く」「来る」の尊敬表現として用いる。 「わざわざお-・び下さって恐縮です」
ある場所へ出かけて行く。 「歩を-・ぶ」 「何度も役所まで足を-・んでやっと認可を受けた」
事をうまく進行・進展させる。 「計画どおりことを-・ぶ」 「手ぎわよく仕事を-・ぶ」 「これ(=刹那)を-・びて止まざれば/徒然 108
道具を使ってある仕事をする。 「筆を-・ぶ(=モノヲカク)」 「針を-・ぶ」
ものごとが進行・進展する。 「とんとん拍子に話が-・んだ」 「交渉がうまく-・ぶ」
[可能] はこべる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運ぶの関連キーワード居並ぶ素っ転ぶ退かす群れ飛ぶ押並ぶ思い浮ぶ立並ぶ尊ぶ滅ぶ持運ぶ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運ぶの関連情報