コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運ぶ ハコブ

デジタル大辞泉の解説

はこ・ぶ【運ぶ】

[動バ五(四)]
物や人をある場所から他の場所へ移す。移動させる。「荷物を―・ぶ」「けが人を救急車で―・ぶ」
(「足をはこぶ」などの形で)ある場所まで出向く。目的地に行く。「せっせと足を―・ぶ」「歩(ほ)を―・ぶ」
(「おはこびになる」「おはこびくださる」などの形で)「来る」「行く」の尊敬語。「ようこそお―・びくださいました」
物事を予定した段取りにしたがって進める。「事をうまく―・ぶ」「会議を―・ぶ」
その物を用いてする動作を進める。「筆を―・ぶ」「箸を―・ぶ」
物事がとどこおらずに進む。進捗(しんちょく)する。はかどる。「交渉が円滑に―・ぶ」「仕事がうまく―・ぶ」
[可能]はこべる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はこぶ【運ぶ】

( 動五[四] )
物を他の場所に移す。移動させる。運搬する。 「荷物を-・ぶ」 「材木を船で-・ぶ」 「タンポポの種が風に-・ばれてゆく」
人がある場所へ行く。
主に「お運びになる」「お運び下さる」の形で、「行く」「来る」の尊敬表現として用いる。 「わざわざお-・び下さって恐縮です」
ある場所へ出かけて行く。 「歩を-・ぶ」 「何度も役所まで足を-・んでやっと認可を受けた」
事をうまく進行・進展させる。 「計画どおりことを-・ぶ」 「手ぎわよく仕事を-・ぶ」 「これ(=刹那)を-・びて止まざれば/徒然 108
道具を使ってある仕事をする。 「筆を-・ぶ(=モノヲカク)」 「針を-・ぶ」
ものごとが進行・進展する。 「とんとん拍子に話が-・んだ」 「交渉がうまく-・ぶ」
[可能] はこべる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

運ぶの関連キーワードケミカルタンカートランスポート輻射エネルギースクールバス下垂体門脈系スノーボートコンテナ船貨物自動車策を講ずる引っ越し車駕籠舁き人買い船ポータークーリエ動脈系掃流力担い籠駄賃馬連絡船郵便車

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運ぶの関連情報