コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進む ススム

デジタル大辞泉の解説

すす・む【進む】

[動マ五(四)]
前方に向かって動く。動いて先へ行く。前進する。「一歩―・んで礼をする」「出口に向かって―・む」⇔退く
物事がはかどる。進行する。「仕事が―・む」「研究が―・む」「開発が―・む」
盛んになる。勢いがつく。「暑さ続きで食が―・まない」
物事の程度・状態が、その度合いを増す。
㋐上達する。進歩・進展する。「世の中が―・む」「先進国の―・んだ技術を学ぶ」
㋑階級・段階が上がる。昇級・昇進する。「管理職まで―・む」「中学に―・む」「決勝戦に―・む」
㋒病状などが悪くなる。悪化する。ひどくなる。「近視が―・む」「インフレが―・む」「自然破壊が―・む」
めざす方向に行く。ある分野で身を立てる。志す。「法曹界に―・む」
乗り気になる。積極的になる。「気が―・まない」「―・んでつらい仕事を引き受ける」
他よりも先を行く。先行する。「―・んだ考えの持ち主」「この時計は日に一分―・む」⇔遅れる
はやり立つ。高ぶる。
「家思ふと心―・むな風(かざ)まもりよくしていませ荒しその道」〈・三八一〉
あふれ流れる。
「涙の―・むをさらぬ体(てい)にもてなし」〈保元・中〉
[可能]すすめる
[動マ下二]すす(進)める」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すすむ【進む】

( 動五[四] )
前の方に移動する。前進する。 ⇔ 退く 「風車をめがけて-・む」 「前に-・む」
目標・進路などを定めてそれを始める。 「医科に-・む」 「芸の道に-・む」
仕事や計画がはかどる。 ⇔ おくれる 「工事が-・む」 「開発が-・む」 「筆が-・む」
他のものに比べて、先にある。特に時計の表示が正しい時刻よりも先になる。 ⇔ おくれる 「 - ・んだ考えの持ち主」 「この時計は五分-・んでいる」
地位や学年などがより上級に移る。 「位くらいが-・む」 「専門課程に-・む」
能力や技術の程度が上がる。上達する。進歩する。 「剣の腕が-・む」 「文明が-・む」
程度がひどくなる。悪くなる。 「腐敗が-・む」 「病勢が-・む」 「近眼の度が-・む」
ある事をしようという気力・意欲が出てくる。積極的になる。 「気が-・まない」 「 - ・んで事に当たる」
「食がすすむ」などの形で、食欲が出るの意を表す。 「熱っぽくて食が-・まない」
心がはやる。気がせく。 「家思ふと心-・むな風まもりよくしていませ荒しその道/万葉集 381
涙が自然に出る。 「これに向ふにいかんが涙なんだ-・まざらん/平家 6」 〔「進める」に対する自動詞〕
[可能] すすめる
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

進むの関連キーワードアップスアンドダウン突き進む・突進むタンパク質分解歩を進める韋駄天台風駒を進める発展的解消七歩成詩進退両難片足跳び踏分ける潜水泳法反射光線自然破壊勇を鼓す食が進む進行波光路長歩一歩心太式

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

進むの関連情報