コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅蔵五十吉 あさくらいそきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅蔵五十吉
あさくらいそきち

[生]1913.2.26. 石川,寺井
[没]1998.4.9. 小松
陶芸家。本名は与作。無形文化財資格者の初代徳田八十吉に師事し色絵技術を習得。 1946年日展初入選。 1981年『佐渡の印象飾皿』で日本芸術院賞を受賞。 1984年日本芸術院会員。九谷焼の伝統を基本に改良と工夫をこらし,焼成後の亀裂を生かした磁象やプラチナ彩色など,多くの技法を創案した。重厚かつ豪放な色調の「浅蔵カラー」ともいわれる作風で現代感覚あふれる独自の世界を確立し,1992年九谷焼作家として初めて文化功労者に選ばれ,1996年文化勲章を受章。主要作品に『窯変交歓花器』 (1952) ,『釉彩華陽飾皿』 (1977) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅蔵五十吉 あさくら-いそきち

1913-1998 昭和-平成時代の陶芸家。
大正2年2月26日生まれ。父磯吉,初代徳田八十吉(やそきち),北出(きたで)塔次郎にまなぶ。伝統的な九谷焼の技法に工夫をかさね,日展を中心に活躍,昭和52年内閣総理大臣賞を受賞した。56年色絵磁器「佐渡の印象」で芸術院賞。平成8年文化勲章。平成10年4月9日死去。85歳。石川県出身。本名は与作。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浅蔵五十吉の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

浅蔵五十吉の関連情報