コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅間高原 あさまこうげん

大辞林 第三版の解説

あさまこうげん【浅間高原】

浅間山の南麓・北麓にまたがる高原。溶岩流によって形成された。上信越高原国立公園に属し、スキー場・別荘地・牧場などが点在する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅間高原
あさまこうげん

長野・群馬県境にある浅間山の南・北麓(ろく)に展開する高原。標高900~1500メートルほどの間に展開する浅間火山の噴出物が厚く堆積(たいせき)した土壌からなる。下方は緩やかな傾斜であるが、高くなるにしたがい成層火山特有の急傾斜地に移行する。南東から南麓にわたっては、1200メートル以下が高原状の緩傾地であるが、北麓の群馬県側は1400メートルの高位平原をなす。新しい火山噴出物の堆積地のため、農業的利用よりも、観光または別荘地としての価値が高い。なお、東西は山岳地で高原はない。高原の中心は南側で、雄大な景観と夏季の冷涼さ、それに火山地形などの自然資源を生かし、軽井沢を中心にした別荘地、白糸ノ滝、小瀬(こせ)、星野、塩壺(しおつぼ)温泉などの観光保養地があり、年間観光客は700万人以上に達する。北麓は北軽井沢とよばれ、鬼押出(おにおしだ)しや、浅間牧場などがある。高原の植物はカラマツ、アカマツが中心で、南麓は野鳥も多く、近世中山道(なかせんどう)の史跡も多い。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浅間高原の言及

【長野原[町]】より

…中心集落の長野原は白砂川の谷口集落として発達した。吾妻川に沿ってJR吾妻線と国道145号線が走り,長野原駅は草津,万座,新鹿沢(しんかざわ)などの温泉や志賀高原,浅間高原へのバス交通の起点であったが,吾妻線の延長にともない,万座・鹿沢口駅と交通基地としての機能を分けあうようになった。浅間山麓の浅間高原は第2次大戦後,引揚者による開拓が行われ,現在は酪農やキャベツ,レタスなどの高原野菜を中心に大規模な機械化農業が展開されている。…

※「浅間高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浅間高原の関連キーワード浅間高原ファミリーオートキャンプ場上信越高原国立公園北軽井沢の別荘開発日本の国立公園嬬恋高原ビール長野原[町]沖野岩三郎長野原町溶岩流南麓牧場

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android